ふみぃ~.何だか虚しい・・・
CNET Japanに「アップルを大歓迎する日本の音楽業界の謎」と題する記事が掲載されていました.

内容としては,iTMS-Jのライバルとなる各社が日本でのiTMS-Jの立ち上げを歓迎しているというもので,オンライン音楽配信だけでなくCDの売り上げにも貢献する可能性があるとしています.
米国のように圧倒的なシェア(82%!!)を確保するかどうかについては懐疑的な見方をしているようで,理由としてはiPodのシェアがずばぬけて高くないことを上げています.

注目すべきは3ページ目のオンライン音楽配信サービスと楽曲提供レーベルの表で,これを見るとMoraとYahoo,Oriconが抜け出ているみたいです.

記事にもあるように,

売れ筋のビッグアーティストである浜崎あゆみ(エイベックス)や宇多田ヒカル(東芝EMI)、B'z(ビーイング)などの楽曲はダウンロードできるが、サザンオールスターズ(ビクターエンタテインメント)やORANGE RANGE(ソニー・ミュージック)、平井堅(デフスターレコーズ)などの楽曲はiTMSで試聴・購入することができないのだ。


という辺りがiTMS-Jの今後の課題でしょうか?
スポンサーサイト



Date:2005/08/20(Sat) 03:57:27
iTunes Store | Edit | Comment:0 | Trackback:0

Powered by FC2. Designed by Double KO.