ふみぃ~.何だか虚しい・・・
今日は久しぶりに食欲がちょっと回復しました.
今晩のご飯はちゃんと食べようっと!
50時間ぶりぐらいかなぁ...
Read More...
スポンサーサイト



Date:2006/01/31(Tue) 22:42:36
Summary | Edit | Comment:0 | Trackback:0
たぶん私の生活には必要ないのだけれど何となく気になってるソフト,それが“Aperture”です.

そんなApertureをMYCOM PC WEBの海上氏が詳細にレビューしておられました.
簡単にまとめると「撮影後の写真をいかに効率よく作品として処理するか、銀塩カメラ時代の流儀を踏まえつつ開発された、プロ向けのポストプロダクションツールだ。」そうです.

カメラを趣味にするコンシュマー向けのソフトという位置づけだとおっしゃっているのですが,こだわりを感じるという点でもプロの方でも十分気に入るのではないかと思いました.

しばらくAperuteを利用すると、その目指すところは"加工"ではないことに気付くはず。写真を素材に新たな作品を生み出すレタッチソフトが洋の料理人だとすると、Apertureは手際よく写真本来の持ち味を引き出そうとする和の料理人、といったところだろうか。多くのRAWフォーマットに対応することも、写真という資産の使途が特定のカメラメーカーに拘束されない点で価値があるように思える。ルーペなどの気が利いた小道具のせいか、高いマシンスペックを求められることに敷居の高さを感じるが、1つのアクションが処理に反映されるまでのレスポンスの速さがApertureのセールスポイントの1つであることを考えればやむを得ない。


「和の料理人」っていうたとえも言い得て妙ですねぇ!

興味のある方は是非ご一読あれ!
Date:2006/01/31(Tue) 21:42:41
Macintosh | Edit | Comment:0 | Trackback:0
この話はずーーーっと続いている感がありますが...
また,Apple製の携帯電話のウワサです.
正確に言うとApple製携帯電話ではなく,携帯電話にさして使用するSIMカードがApple製なんですけどね.

The Unofficial Apple Weblogによると,読者からのたれ込み情報として携帯電話にささってるAppleブランドのSIMカードの写真が送られてきたそうです.

Apple SIM Card

これがささっている携帯電話はSamsungの“SGH x497”っていうヤツらしくて,たれ込み情報でも決してiPhoneだとはいっていないそうです.
でも,可能性は85%ですって!(←何を根拠に?)

記事には“Mobile Me”っていう登録商標のことにも触れてあって,2月には携帯電話サービスを開始するのではないかと書いてあります.

疑わしい点として指摘してあるのはiTMSカードに似てるってことみたい.
それに,AirMacカードも結構地味なのに,普段見えないところにあるSIMカードをこんな色にするかどうかも疑問じゃないですか?

ってことで,あくまでもウワサです.ウ・ワ・サ!
Date:2006/01/31(Tue) 17:01:42
Gadget | Edit | Comment:0 | Trackback:0
少し前に新機種の名称に関する記事を書いたのですが,その中にも出てきましたよね,“Mac Pro”

Apple InsiderTheStreet.comが報じた「Mac Pro」っていう登録商標の申請の話が掲載されていました.

この登録商標ですが,昨年11月18日付でニュージーランドの特許局(かな?)に提出されていたそうです.
他の登録商標でも良くあったりしますけど,かなり幅広く定義してあるようです.
しかし,根本的にはハードウェア,特にコンピュータ自体を指しているんですかねぇ...

個人的には,これで“PowerMac”“Mac Pro”にre-brandされることはほぼ間違いないと思います.
このこと自体は良いのだけれど,気になるのは“iBook”の後継機の名称だったりします.
これが“MacBook”なのか“iMacBook”なのかはちょっと違うかも...

“iMacBook”になるんだったら,以前の記事で表にしたようなマトリックスを強く意識しているってこと.
そしたら“Mac mini”に対応するポータブルマシンとして“MacBook mini”が出る可能性がちょっと出てくるんじゃないかと...思ったりしてます.
逆に“MacBook”だったら“MacBook mini”の可能性はかなり低くなるんじゃないかなぁ...

どうだろう???

あと,知らなかったのですが重要な商標については米国よりも海外で先に申請をするのがApple流だっていうことが元ネタには書いてあるんですって.
Date:2006/01/31(Tue) 14:35:00
Macintosh | Edit | Comment:0 | Trackback:1
以前,トイレでiPodっていう話がありましたねぇ...
今度はお風呂でiPodなんですけど,これまでにも防水のスピーカっていうだけならあったような気が...

BCNランキングによると,パイオニアがお風呂で使える吊り下げタイプのスピーカー「Happy AQUA(AS-PS55)」を2月上旬に,バスタブに浮かべるポータブルライト「Happy AQUA・Lumi」を2月中旬にそれぞれ発売するそうです.

スピーカ本体の内部に携帯音楽プレーヤーを内蔵して使うようで,乾電池で動くみたいです.
周辺機器(?)のHappy AQUA・Lumiっていうのは何のためにあるのか不明ですが(笑),7色にゆっくり変化したり10分おきにフラッシュがついたりするそうです.

これで快適iPodバスライフが可能になる!?
Date:2006/01/31(Tue) 14:09:39
iPod/iPhone | Edit | Comment:3 | Trackback:0
普段は“Sing that iTune!”や“TunesTEXT”を使用してiTunesに入れてある曲の歌詞を自動的に取り込んでいるのですが,聴いてる音楽の種類にもよるんでしょうけど頻繁に“not found”だったりするんですよねぇ...

そんなときに便利なのが“Lyrics Master”っていうソフトです.
Sing that iTune!”や“TunesTEXT”と比較したときの最大のメリットは検索対象となっている歌詞サイトが多いことです.

LyricsMaster013106

具体的には「うたまっぷ」「SING365.com」はもちろん,「歌詞GET!」「Absolute Lyrics」「J-Total Music」も検索できますし,「歌ネット」や「Yahoo! Music」といった歌詞サイトへのリンク機能もついていたりします.
これで調べて見つからなかったら簡単には手に入らないってことだから,あきらめもつくかもしれないです.

iTunesとの連係機能もついていて再生中の曲を自動的に検索してくれたりはしますが,ヒットする閾値をあえて下げてあるためか自動的に歌詞を埋め込むことまではしてくれません.
って書いたのですが,ASAHIさんからコメントにてやり方を教えていただきました.
自動選別を“**”に設定して「結果を自動決定」にすると,ほぼ自動的に歌詞を埋め込んでくれます.
“ほぼ”っていうのはヒットした結果によっては確認を求められたりします.
それと,歌詞の埋め込みのときにちょっとだけ音楽がとぎれちゃうのはご愛敬かな?

個人的には,今のところあくまでも“Sing that iTune!”や“TunesTEXT”を補完するものとして活用させていただいています.

ちなみにフリーメールウェアになっているので,使用に際してはフリーメールへの登録が必要です.
ただし,このメールで役立つ情報とかも送ってくれると書いてあります.

自分が聴いている曲の歌詞がないってお嘆きの方は試してみては?
Date:2006/01/31(Tue) 13:37:21
Macintosh | Edit | Comment:8 | Trackback:2
Jobs氏の煽るような発言やBusinessWeekの記事に端を発したいろんなニュースでも話題になっていますが,Microsoftが開発するといわれている携帯音楽プレーヤーの話です.

ITmediaにわりと冷静な記事が掲載されていました.

他のところでも語られていましたが,Microsoftがこの分野に進出してくるとしたら既に取っかかりとして存在しているXBox 360を中心に据えて来るというのはありそうですよねぇ.
んで,音楽や動画の再生だけではなく,ゲームも主たるコンテンツとして利用するっていうのも起こりそうです.
だとしたら,「iPodとは直接には対抗していない」っていうのが上記の記事で指摘されています.

個人的な意見としては,小さいころからiPodに親しんだ人たちが将来的にMac OS Xに流れるのを防ぐことが目的なのだったら,XBox 360じゃなくてWindowsをコアにしなきゃだし,ゲーム機としてとらえられるとiPodを抑えることにはならないかも...
ゲーム機としてとらえられちゃったら「PSPキラー」ってことになるのだけど,日本では「PSPキラー」にさえならないかも...
ゲーム機なら他にも「Nintendo DS」なんかもコンペティターになるしねぇ...

いくら再編成したとはいえ,もともとハードを売るのが上手じゃない会社ってのもあるし,iPodに対してはほとんど影響はないんじゃないでしょうか?
だからJobs氏も煽るんでしょうからねぇ...
Date:2006/01/31(Tue) 00:50:38
iPod/iPhone | Edit | Comment:0 | Trackback:2
個人的にはIntel MacでWindowsが動くことよりも期待してたりするのですが...
Darwine”もやっぱり影響を受けちゃうのでしょうか?

MYCOM PC WEBによると,Windowsとのバイナリ互換を目指したオープンソースのOS“ReactOS”にWindows 2000/XPから流用したソースコードが含まれていたため開発が一時停止したそうです.

今回の事件の発端は、今月中旬にReactOSの開発者向けメーリングリストに投稿された1通のメール。1人の開発者が突然プロジェクトを離れると宣言したため、他の開発者が理由をたずねたところ、理解できない変更点を調べるためReactOSとWindows 2000/XPを逆アセンブルして比較した結果、数人の開発者が記述したコードにWindows 2000/XPから流用したと覚しき箇所を発見、退会を決意したというもの。その後の調査により、ReactOSに著作権を侵害するコードが混入した疑いのあることが確認され、27日に文書(Reset, Reboot, Restart, legal issues and the long road to 0.3)として発表された。


Darwine”の元プロジェクトである“Wine”本体は大丈夫みたいですけど,WinetoolsっていうWineの機能を補完するサブプロジェクトは問題のReactOSとソースコードを共有しているらしくて,Winetoolsをダウンロードページから外す方向で調整してるんですって.

このWinetoolsっていうのが,Darwineにどれだけコントリビュートしてるのかは知らないのですが,せっかく優れた技術なのですからクリーンなもの状態で開発を進めて欲しいものですねぇ.
将来的にはMac OS X上でもシームレスにWindowsなソフトが動く日を夢見て...
Date:2006/01/31(Tue) 00:22:04
Macintosh | Edit | Comment:0 | Trackback:0

Powered by FC2. Designed by Double KO.