ふみぃ~.何だか虚しい・・・
確かに,昔こんなうわさもありましたよね.

これが本当かどうかは知りませんが,Appleも検討ぐらいはしてるかもしれないし,このうわさのような試作機を作ったりもしてるのかもしれません.
でも,今のところは必要性を感じているようには思えません.

何の話かというと,Apple Insiderに載っている記事によれば,AMD CEOのHector Ruiz氏が「誰もが選択を求めている.かつて,他のメーカーがそうであったように,Appleも人質に取られたままでいたいと思うだろうか?」と述べたそうです.
つまり,Ruiz氏はAppleもそのうちAMDのプロセッサを採用することになるだろうといっているわけですよね.

ここにもAppleがAMDをサプライヤに加えるのは簡単なことだと書いてありますし,確かにAMDは性能的にもIntelを相手に十分健闘していると思います.
それでも,チップメーカーのトップブランドはIntelだったりします.

この発言には,Ruiz氏の自社製品に対する自信が込められているのだと思いますが,もう1つAppleブランドへの憧れというか,Appleへのラブコールが含まれているのかもしれません.
個人的には,AMDがこれからも優れた製品を作り続けて,いつの日かそれを搭載したMacが販売され,その優れた性能を堪能できる時が来れば良いのにと思ったり...

片想いだとツライですからねぇ...

そういえば,Intelスイッチが明らかになる前に,IntelがAppleにラブコールを送っていたことがありましたが,その時は既にプロジェクトは始まっていたわけですから,あれは「片想いのフリ」だったんですねぇ...

もしかして,AMDも? なーんてね.
Date:2006/09/23(Sat) 02:00:32
PC | Edit | Comment:6 | Trackback:0

Powered by FC2. Designed by Double KO.