ふみぃ~.何だか虚しい・・・
記事にも書いたように,どこもかしこもストックオプションの話ばかりですね.
でも,時々あるように昨日からGoogleネタが多いようです.

あとは,ソリッドアライアンスの「ばけたんストラップ」に秋冬モデルが登場したのと,Engadgetに意味不明なUSBグッズが...
Read More...
スポンサーサイト



Date:2006/10/05(Thu) 23:58:15
Summary | Edit | Comment:0 | Trackback:0
以前の記事で紹介したデジタルARENAのMacBookレビューの続編みたいのが掲載されていました.
タイトルバナーには「辛口予測」という文言が掲げられているものの,実際にはまたもや「ベタ褒め」に近い状態です.

持ち運んでプレゼンを行ったあとの感想はこんな風に書いてあります.

 ノートパソコンには、バランスも大事だと。この中途半端なサイズは、逆にいうなら、何でもホドホドにできる大きさなのだ。机上でメインマシンとして使うにも小さすぎない。短時間のモバイルにはどうにか耐える。かつ、本体が薄いので鞄の中で荷物にならないのがよい。


ポイントは「中途半端」ってことらしく,中途半端なら中途半端らしく安くなきゃいけないみたいです.

そのあとには,MacBookを使っていて久々にパソコンを使うワクワク感を味わったっていう話が続くのですが,タイトルの「使って分かったMacBookの素晴らしさ」とは裏腹に,使って楽しいと感じておられるのは「Mac OS X」と「それに付属するアプリケーション群」だったりします.
レビューの対象がMacBookだから仕方ないようなものの,文脈的には「使って分かったMacの素晴らしさ」でも良いような気が...

Macユーザにとっては普通のことでも純粋に感心して下さっていて,逆に新鮮な印象を受けました.
Macの良さに慣れっこになっている方も,お時間があれば読んでみてはいかがでしょう?
Date:2006/10/05(Thu) 23:53:46
Macintosh | Edit | Comment:4 | Trackback:0
あとでSummaryにも載せますが,海外のニュースサイトやうわさ系サイトではどこも取り上げていますし,日本のニュースサイトでもCNET JapanITproMYCOM JORNALなどが既に記事を掲載してます.

株式のことなど良く分からないので,これらの記事を読んだ範囲内でことの流れを整理してみると,今年6月に米証券取引委員会(SEC)による査察の結果,ストックオプションの不正処理が発覚し,社外取締役や会計士で構成する特別委員会によって,独立した立場から3ヶ月間にわたって調査した結果を現地時間の10月4日付けの声明で公開したそうです.

結果としては,1997年から2002年1月までの15回にわたって不正処理が行われ,バックデートという手法により付与日を承認日の前になるように操作された痕跡が発見されました.
ストックオプションのバックデートによって,株価の安かった日を付与日として売却の際の利益を不正に増やすことが出来るってことみたいです.

バックデート自体は必ずしも違法ではないものの,株主や監督機関への開示がなければ違法と見なされることがあるようです.
この不正に関与したと考えられているのは元幹部2名で,現経営陣は関与していないとなっています.
この辺りの詳細は,米証券取引委員会(SEC)に提出する意向だとか.

Steve Jobs氏の認識については,CNET Japanでは不正操作は認識していたものの会計上の影響については認識していなかったとなっており,MYCOM JORNALでは不正の認識はあった可能性があるという表現になっています.

これらの調査結果をふまえて,Jobs氏が「私の指揮下でこのような問題が発生したことをAppleの株主と従業員に謝罪したい.こういった問題は,Appleには全くそぐわないものだ.今後は,残りの問題も可能な限り早急に解決し,このようなことが二度と起きないよう適切な改善策を講じていく」とのコメントを出しています.

また,問題の時期に最高財務責任者(CFO)を務めていたFred Anderson氏が責任を取って,取締役を辞任したそうです.

どうやら不正があったことは事実のようなので,コメント通り襟を正して頑張って欲しいところ.
また,この問題が最終的にどのように終息するのか分かりませんけど,これで責任問題が十分とみなされるのかということと,NASDAQの上場廃止がどうなるのかっていうことが気になります.
Date:2006/10/05(Thu) 23:36:39
Apple | Edit | Comment:0 | Trackback:2
昨日のSummaryに載せたITmediaの記事によると,もともとはGoogle Desktop用のアプレットであるGoogle GadgetがWebページに貼り付けられるようになったそうなので,取り敢えず貼ってみました.



選んでみたのはPacMan.
どんな感じでしょう?
ちゃんと動くのかな?

うーん,半分しか表示されない...orz

ってことで,今度はColorJunctionっていうのを貼ってみました.



どうもhightが設定通りにならないようです.
なぜ??? (;_;)

じゃあ,ちょっと賢い計算機!



加減乗除のみならず “sqrt(2)” やら “the speed of light” なども計算可能です!
さらには,むかーしの記事で紹介した “answer to life the universe and everything” の答えをはじき出すことも出来ました!!(←相変わらず “7-11” は計算できないのねぇ...やっぱ,おバカさんかも...www)
Date:2006/10/05(Thu) 18:46:26
Google | Edit | Comment:6 | Trackback:0
いつもお世話になっている「Mac!!Mac!!Mac!!」の+.k代表さんからTBして頂いた楽しい記事(「わたくしが必要なのであります」)で紹介されていた,これまたいつもお世話になっている「Blog!NOBON」のNOBONさんが書かれたタッチスクリーンのお絵かきソフトの記事にSTBです.



マルチタッチなのかは良く分からないのですが,指でもフツーにお絵かきすることを目指したインターフェースのようです.
この記事に書いたようなヤツで実現して欲しいものです!

ちなみに,以前の記事で紹介したXGLにタッチスクリーンを応用すると,こんな感じになるそうです.
パソコンのインターフェースとして,フツーに使われるような日が来るのも遠くはないかも知れません.



これの続きや,ゲームにタッチスクリーンを応用したものもあるのですが,長くなるのでたたんでおきます.
Read More...
Date:2006/10/05(Thu) 10:39:46
PC | Edit | Comment:6 | Trackback:1
次のバージョンでようやくUniversal BinaryになるAdobe Creative Suite 3.0(コードネームはRed Pill)は,今のところ来年の春にリリース予定といわれています.

もう少し具体的な情報として,MacDailyNewsが,Global Crown Capitalのアナリスト,Martin Pyykkonen氏のこの製品のリリース予定に関する推測を紹介していました.
元ネタはInvestor.comで,同氏の予想ではAdobe Creative Suite 3.0は5月1日にリリースされるんですって!

前にもいわれていたように,このバージョンにはAdobeが買収したMacromediaの技術が活かされているらしく,FlashやらDreamweaverなどが統合されるそうです.

記事の最後には,一石二鳥なアイデアも書いてあったりしますが...どうでしょう?
Date:2006/10/05(Thu) 05:06:14
Macintosh | Edit | Comment:0 | Trackback:0

Powered by FC2. Designed by Double KO.