ふみぃ~.何だか虚しい・・・
一方はApple Insider経由のDigiTimes,もう一方はmacnews.net.tcで両方ともIntel Core 2 Duoを搭載したMacBook及びMacBook Proに言及していながらも,時期が全く違ってます.

DigiTimesの方は,主としてMacBookの製造元が,AsustekからiPodを製造していることで知られているFoxconnに変更されたということを伝えているのですが,同時に今年の終わりまでに新しいMacBookが出荷されるだろうと書いてあります.

Macnews.net.tcの方はというと,もっと近い将来の話で,新しいMacBookとMacBook Proの両方にCore 2 Duoが搭載されて,どちらかが来週の火曜日,もう一つがその次の週に発表されるとしています.
時期をずらすのは,それぞれの製品が注目を引くためと書いてあって,これまでにも同じようなことがなかったわけではないですが,最近は一緒の方が多いような気が...

スペックとしては,15インチのMacBook ProにFireWire 800が戻ってくるとも書いてあります.

ん~~~,どうでしょう?
来週とか再来週ってのはちょっと早すぎるかも?
スポンサーサイト



Date:2006/10/10(Tue) 23:35:57
Macintosh | Edit | Comment:13 | Trackback:1
少し前の記事で紹介したように,既にApple Storeで流れているという話があったバージョンがサイトでも公開されたそうです.

今回公開されたのは,この3つ.

Self Pity


Better Results(←これにGisele Bündchenさんが出演)


Counselor


既に知られているだけあってインパクトが弱めですかね?

(via:MacDailyNews
Date:2006/10/10(Tue) 23:28:31
Apple | Edit | Comment:2 | Trackback:0
これも両社の協調関係の表れでしょうか?

The Unofficial Apple Weblogによると,Googleが「あなたのMac」のためのBlog,“Official Google Mac Blog” を公開したそうです.

mac_blog_header101006

最初の記事では,少し前から公開されている “Google Software Downloads for the Mac” が紹介されており,ここからGoogle製のMacintosh向けアプリケーションをダウンロードすることが出来ます.

こんなサイトを作るってことは,これから続々とMacに対応したソフトを発表してくれるのでしょうか?
Date:2006/10/10(Tue) 23:15:20
Google | Edit | Comment:0 | Trackback:0
この記事の時にはあくまでもアナリストの予測として5月1日といわれてました.
それまでは,AdobeのCEO,Bruce Chizen氏は来年の第2四半期にならないとリリースされないといってたわけですが,そのどちらよりも早いといううわさがApple Insiderに掲載されています.

これによると,Adobe Creative Suite 3.0は4月4日~6日に開かれるPhotoshop World conference に先立って,3月末に発表されるのではないかとみられているようです.

また,記事にはこのバージョンでPhotoshop,Illustratorとも初のUnviersal Binaryになり,PowerPCベースのMacでも,IntelプロセッサベースのMacでも動かせることや,GoLiveがDreamweaverに置き換えられること,PhotoshopとセットになってるImageReadyはFireworks風になるんじゃないかということも記載されています.

こっちはどうでも良い感が漂ってますが,Microsoft Office 2007 for Macの方はさらに遅れるかもしれないそうです.
Date:2006/10/10(Tue) 23:00:56
Macintosh | Edit | Comment:2 | Trackback:0
既に各所で伝えられているとおり,例のうわさは本当だったようですね.

ニュースサイトを見渡しただけでも,ざっとこれぐらいの記事が掲載されています.

・CNET Japan:グーグル、ユーチューブを16億5000万ドルで買収

・ITpro:GoogleがYouTubeを16億5000万ドルで買収へ

・ITmedia:Google、YouTubeを16億5000万ドルで買収

・MYCOM JOURNAL:Google、YouTube買収で合意 - 総額16億5000万ドル

・Internet Watch:GoogleがYouTubeを16億5,000万ドルで買収

・Enterprise Watch:米Google、ビデオ共有の米YouTubeを16億5000万ドルで買収


これらの記事では買収の事実を伝えていて,このことがもたらすメリットを考察したのが,ITmediaの「YouTube買収がGoogleにもたらすメリットは?」という記事.
でも,一番興味深かったのはNBonlineの「激動の3日間。グーグル、YouTubeを16億5千万ドルで買収!」という記事です.

TechCrunchのスクープ記事から始まったうわさが駆け巡った3日間を振り返るという内容.
「金曜夜のリークが無かったらここまで早く成立に漕ぎ着けたかどうかは分からない」かどうかは分からないけど(笑),TechCrunchやWall Street Journalの情報の流れや,それに対する反応がうまくまとめてあります.
やっぱり,Blogもなかなか楽しいものです.

それと,YouTube本社がビザ屋の上にあるという有名な話な話にも触れていて,2005年2月14日(バレンタインデーだ!)に同社を設立したChad Hurley氏とSteve Chen氏,Jawed Karim氏のうち,ChadとSteveの創業間もない頃の動画も載っていました.



どこにでもいそうなお兄さんたちですよねぇ...

今回の買収が,今までのGoogleの買収とは違って,特定の分野で既にトップにいる企業を対象としたものであることがちょっと気になっていて,何となくM$っぽいかなと...
遠い将来,今回の買収の頃からGoogleも変わったよねぇ...なんてことにならないように祈るばかりです(と,何となくBlogosphereっぽいコメントを入れてみるテスト).
Date:2006/10/10(Tue) 16:07:10
Google | Edit | Comment:0 | Trackback:6
さっきの話はどうなったのでしょう?

CNET Japanによると,YouTubeがUniversal Music Group(UMG),Sony BMG Music Entertainment,CBSなどと提携することを発表し,所属するアーチストの音楽やビデオが合法的にYouTubeで公開可能になるそうです.(もちろん著作権保護付きで...)
また,非合法的に投稿されたUMGのコンテンツをUMGが除去できる契約も結んだとか.

記事にもありますが,これに先立ってWarner Music GroupはYouTubeと同様の契約を結んでいるので,それに続いた形でしょうか.
こうやって,いろんなコンテンツ企業がYouTubeを認めていけば,著作権問題に関する懸念も払拭されるんですかね.

Googleの話は最後に書いてあって,Googleも同日Sony BMG Music EntertainmentおよびWarner Music Groupと提携し,広告付きで音楽ビデオを公開できるほか,Warner Music Groupはダウンロード販売も行うとか.

iTunes Storeとは直接は競合しないのかもしれませんけど,なんだか気になる流れですねぇ...
Date:2006/10/10(Tue) 04:45:57
Business | Edit | Comment:2 | Trackback:0
熱問題もあまり騒がれなくなった今日この頃ですが,MacRumorsのForumsではこんな話が紹介されていました.
Geekな方向けの情報で,kextファイルに変更を加えることで予期せぬトラブルを引き起こす可能性があるので,試してみようと思う強者な方はくれぐれもお気を付けを...

内容としては,MacBook Proのファンを今よりも速く回すことで本体の放熱効果を上げるというもので,これによって温度が5~10℃ぐらい下がり,バッテリーの持ちは5分程度短くなるそうです.

具体的な方法は,こちらのPDFファイル(←直接PDFが開かれるかダウンロードされます)に記載されていて,/system/library/Extensions/に存在するAppleBlower.kextとAppleFan.kextというファイルの中身を変更します.

まず,AppleBlower.kextの方ですが,右クリックしてContentsフォルダの中にあるinfo.plistを別の場所にコピーして,もう一つバックアップをとっておきます.
片方をテキストエディタで開いて,上記のPDFファイルを参考に内容を書き換えます.
そしたら,オリジナルのinfo.plistと入れ替えるのですが,このときにパスワードを要求されるそうです.(←くれぐれもオリジナルのバックアップを保存しておくように!)

AppleFan.kextの方も,右クリックしてContentsフォルダの中にあるinfo.plistファイルを別のところにコピーして,バックアップもとります.
バックアップを作成したら,このファイルの中のファンの回転数を決める数字が並んでいるところを探し,一番大きな数字で他のものを置き換えるそうです.

この数字はもっと上げることが可能かもしれないらしく,具体的には1200ほど安全に上げることが出来たと書いてあります.(コメントには17000に変更したとの書き込みがあります.)
変更したものをオリジナルと置き換えて,再起動すれば出来上がり.(←くどいようですが,くれぐれもオリジナルのバックアップをとっておくように!)

上記のPDFファイルには,これで「ラップトップ」と呼べるMacになると書いてあります.
また,元ネタのコメントには有効だったという書き込みや,他の機種での報告が載っているので参考に!

情報提供者も最悪の場合壊れるかもしれないと書いてるので,よゐこは真似しない方が吉ですよ!!
Date:2006/10/10(Tue) 04:33:16
Macintosh | Edit | Comment:1 | Trackback:0
デュアルブート環境のBoot Campとも,仮想化ソフトであるParallelsとも,Mac OS XにWindowsアプリケーションをインストールできるCrossOver Macともちょっと違う仕組みです.
Macworld UKで紹介されていた2X ApplicationServerっていうサーバソフトの話.

Macのデスクトップ上で,Microsoft Terminal ServerからRemote Desktop protocol (RDP) を経由してWindowsアプリケーションを動かすらしく,1つのサーバにこれを入れておけば5つのクライアントからトンネルしてソフトが利用できるそうです.

以前,MicrosoftもRemote Desktop ConnectionっていうのをMac用に配布していましたが,これをもう少しシームレスにした感じですかね.

Macの中にはWindowsもWindowsアプリケーションもインストールする必要がないので,これもありかも...
でも,そのためにはMicrosoft Terminal Serverが必要になるわけね...

なお,こちらから登録すればフリーでお試しできるようですよ.
ちなみに,Linuxもサポートしてるみたいです.
Date:2006/10/10(Tue) 03:03:30
Macintosh | Edit | Comment:1 | Trackback:0

Powered by FC2. Designed by Double KO.