ふみぃ~.何だか虚しい・・・
最初に断っておきます.ネタです.

2007年,iPhone発表(下図では2008年になってるけど・・・)
2010年,iPad発表
iPhoneiPad022810

そして・・・
Read More...
スポンサーサイト



Date:2010/02/28(Sun) 22:57:01
Apple | Edit | Comment:0 | Trackback:0
MMD研究所が行った携帯電話端末に関する調査が話題になってます.

調査方法はモバイルWebでのアンケート調査で,有効回答数が1,607人,調査対象はiPhoneを所有していない携帯ユーザです.
上記のサイトで登録すると(←無料です),無料公開版のPDFがダウンロードできます.
ただし,無料だけあって3つのアンケート結果が見られるだけ.

一番インプレッシブだったのは,やはりdocomoとauからiPhoneが発売されたとしたら5割以上の人が購入すると答えたこと.
これら2つのキャリアの契約者数は,大雑把に見積もってもSoftBankの契約者数の4倍以上の8,700万契約ぐらい.
なので,本当に半分の人がiPhoneを買ったら4,000万台などという膨大な台数が売れる計算になります.

アンオフィシャルに日本でのiPhoneの販売台数は300万台ぐらいといわれているので,2,100万契約以上のSoftBankユーザの中で実際にiPhoneを使っている人の割合は15%にも満たない程度です.
本当にdocomoやauからiPhoneが出たとしても,先程ラフに計算したように半分以上の人がiPhoneを購入するとは考えにくいものの,母数が大きいのでかなりの需要が確実にあるはずです.

また,iPhoneを購入しない理由として,docomoとauのユーザのこれまた半分以上の人がキャリアが違うことを挙げています.
次世代iPhoneの予想の話で触れた,米国におけるiPhone購入の障害となっている最大の理由はコストで,サービスプロバイダと答えた人は27%しかいなかったことを考えると,日本のユーザは比較的キャリアに縛られやすいとも見ることが出来ます.
Read More...
Date:2010/02/28(Sun) 12:12:31
Apple | Edit | Comment:0 | Trackback:0
もうSnow Leopardがリリースされてから半年経つので,そろそろ一般的になってきたかと思いきや,どっこいLeopardも頑張ってるよ,っていうお話.

AppleInsiderにWeb使用の市場調査についての記事が載っていて,メインの内容はMac OS Xのシェアが昨年に比べて29%増加し,一方でWindowsのシェアが3.8%減少したということが書かれています.

その続きにMac OS Xの各バージョンごとのシェアがこの一年でどのように変化していったかを示すグラフが載っています.

quantcast-100227-2

Snow Leopardは安価なこともあって圧倒的な初期販売を記録していましたし,順調にユーザの移行が進んで,既にLeopardを上回っているかと思ったら,意外とそうでもなく,まだLeopardの半分くらいのシェアしかないようです.
それにMac OS X 10.4 Tigerも依然として20%弱を確保しているのですねぇ.

この調子で行くと,あと3,4ヶ月,WWDCでMac OS X 10.7がアナウンスされる頃になって,ようやくSnow Leopadにトップが交代するといった感じですかね.
Date:2010/02/28(Sun) 09:00:06
Macintosh | Edit | Comment:2 | Trackback:0
Rolling Stoneに先日iTunes Storeで記念すべき100億曲目をダウンロードしたLouie Sulcer氏にインタビューした記事が掲載されています.
記事によると,彼にはJobs氏から受賞を伝える電話が直接かかってきたらしく,二人のやり取りはこんな感じだったそうです.

Jobs氏が「もしもしAppleのSteve Jobsです」と電話してきたにもかかわらず,「はいはい,いい加減にしろよ,一体誰なんだい?」と3,4回尋ねてしまってから,番号通知に “Apple” とだけ表示されているのに気付いて,自分が$10,000のiTunesカードのウィナーであったことを信じるに至ったそうです.

32406450-32406455-slarge

気持ちは分からなくもなくて,いきなりAppleから,しかもJobs氏と名乗る人から電話がかかってきても直ぐに信じられるわけがない.
さらにSulcer氏には3人の息子と9人の孫がいて,いたずら好きでいつも誰かを騙って電話をかけてたりしたそうです.気の毒に・・・

上の写真はRolling Stoneの記事にあったものですが,いかにも「いやいや,マジでJobsだし・・・信じてよぉ(泣)」とでもいわんばかりで正にピッタリ.

1つ気になるのは,Appleから電話をかけると番号通知は登録してない人でも “Apple” になるってこと?
それはそれですごいような気がする.

(via:9 to 5 Mac
Date:2010/02/27(Sat) 19:13:44
iTunes Store | Edit | Comment:0 | Trackback:0
9 to 5 Macによると,Steve Jobs氏はiPhoneのOSを最新版の3.1.3ではなく,3.1.2のままで使っているそうです.

iPhoneOS312

Final Cut Proの未来について質問をしたデベロッパがJobs氏自ら返信を受けたらしく,返事自体は “No worries. FCP is alive and well.” という簡単なものだったそうですが(いかにもJobs氏らしいなぁ),そのヘッダには “X-Mailer: iPhone Mail (7D11)” と書かれていたんですって.
7D11というビルド番号はiPhone OS 3.1.2のもので,iPhone OS 3.1.3だと7E18になるそうです.

それと元ネタにはJobs氏のメアドやAppleのIPアドレスとかも載ってます(貼らないけど・・・).

ちょっと意外ですねぇ.
氏自ら最新版のOSを使ってたり,ともすればベータ版をテストをかねて入れてたりする可能性さえあると思っていたのに,実際に使うものはじっくり待ってからアップデートする質なのでしょうか.

リリースされてから結構経っているのでないと思いますけど,こっそりとバグがあることを知ってたりして・・・

元ネタでは親切なことにJobs氏にアップデート方法を教えてあげてたりもしますw
Date:2010/02/27(Sat) 18:28:07
iPod/iPhone | Edit | Comment:0 | Trackback:0
他ではあまりReblogされていませんが,NYTimes.comに “Why Can’t PCs Work More Like iPhones?” という記事が載っています.
内容としてはiPhone OSのようなマルチタッチインターフェースをデスクトップOSに持ってくるとしたらどうすれば良いかという話.

記事ではiPhone OSとMac OS XだけでなくWindows 7とWindowsやAndroidの話もちょっとだけ出てきます.
iPhoneをマルチタッチインターフェースの「単純さの典型(epitome of simplicity)」とした上で,以前Appleのシニアエンジニアとして働いた方の話を引用しています.

A former senior Apple engineer, who spoke on the condition of anonymity because of confidentiality agreements signed while an employee, explained that adding full multitouch to OS X would require a hefty redesign of many components in the code. “It’s one thing to add multitouch to a few applications, implementing the ability to pinch and zoom from the trackpad on the laptop with the Preview application,” the engineer said. “But it’s a whole different story if you want to implement these technologies on the desktop, or globally on OS X.”

An easier approach, the Apple engineer indicated, would be to add the iPhone OS as a layer on top of OS X, similar to Apple’s Front Row experience.


Previewなどいくつかのアプリケーションにトラックパットからピンチやズームの機能を持たせることは容易いものの,Mac OS X全体となるとコードの多くのコンポーネントの中にデザインし直さないといけない部分がドッサリあって全く違う次元の話になるそうです.

長いので続きます.
Read More...
Date:2010/02/27(Sat) 15:25:59
Apple | Edit | Comment:0 | Trackback:0
Appleは2月25日に年次株主総会を開催しました.
その中でApple CEO,Steve Jobs氏が語ったことをFortune Brainstorm TechReutersBloombergなどが伝えています.

いろいろと自信にあふれた発言も飛び出したようで,Reutersでは

Apple Inc. CEO Steve Jobs said his company has to "think big" and its $40 billion cash hoard offers flexibility, suggesting that he had no immediate plans to spend the money on a share buyback or dividend.
...
The company he founded was now big enough that it had to "think big" to move the needle, Jobs said.


というコメントを紹介しています.
"think big" x 2ですw

Appleが所有する400億ドルのキャッシュがあれば柔軟性が得られるので,Appleは「大きく考える」必要があるってこと.
こちらは株式の買い戻しや配当金の計画がないという話に続いているので,その理由付けなのでしょう.
あとの方の発言では,十分な資金を元にして針を動かすために「大きなことを考える」必要があるとなっています.

なんだかこれらの発言を見る限り伝記を書いてもらって引退とか,そんな雰囲気じゃないですね.
もっともっといろいろやりたい事,考えてることがいっぱいあって,さらに「大きなこと」をやってくれるという期待が持てそうでちょっと嬉しい.

そんな感じの年次総会は「寝付けない原因が何かあるか?」という質問にJobs氏が無表情で「株主総会」と答え,爆笑したのちに幕を閉じたそうです.
Date:2010/02/27(Sat) 11:26:31
Apple | Edit | Comment:0 | Trackback:0
次世代のiPhoneがすごいものになるという話は,これまでにもウワサ話のみならずJobs氏の発言でも触れられています.

今度はMorgan Stanleyのアナリスト,Katy Huberty氏が次世代のiPhoneについて予想を語ったそうなのでご紹介.

同氏の予想は,iPhoneがさらに広く選ばれるために障害になっている一番の理由は「コスト」であるとの調査結果に基づいていて,実際2008年度のiPhoneの調査では本体価格が一番の理由で,次にサービスプランのコストが続いています.

"We expect Apple to launch new iPhones in June that offer both a lower total cost of ownership and new functionality, potentially including gesture-based technology," she wrote in a new note to investors Friday.


新しいiPhoneは6月に登場し,トータルコストの低減とジェスチャに基づく技術を含んだ新しい機能の両方が追加されると見ているようです.

現行のiPhone 3Gの場合,米国では本体価格が$99しかしませんが,通信料を含めてさらに安くするだけのマージンがあるのでしょうか.
そのあたりは良く分かりませんけど,安い分だけ新機能は追加されてないよ,みたいだったらちょっと微妙だなぁ・・・

(via:AppleInsider
Date:2010/02/27(Sat) 08:06:13
Apple | Edit | Comment:0 | Trackback:0

Powered by FC2. Designed by Double KO.