ふみぃ~.何だか虚しい・・・
日経トレンディネットに「アップルiPadに“意外な弱点”あり!各界の専門家が分析」という記事が載っていたので読んでみました.

パソコン,携帯,電子書籍など各業界の専門家に「iPadの弱点だと感じるところは」と尋ねた結果をまとめたもの.
詳細は日経トレンディ4月号に掲載されていると書かれていてWeb上では大まかな内容しか分かりませんけど,まとめるとこんな感じ.

  • 重い

  • バッテリー駆動時間が短い

  • 液晶が大きい


個人的には少し意外な結果ですかねぇ.

重量に関しては,AmazonのKindleとの比較で2倍の重さがあることを指摘する意見がある一方で,端が薄くなるデザインのおかげで持ってみると印象よりも軽く感じるという意見もあります.

バッテリーに関しては紙を置き換えることができる未来のデバイスと評価した上で,「紙の代わり」になるためには10時間では短くて30時間ぐらい欲しいと書かれています.

画面の大きさについては使用用途や好みもあると思いますが,日本で人気を泊するためには9.7インチでは大きすぎて,6インチ程度が良いのではという意見が紹介されています.

しかし,頻繁に目にするマルチタスクに関しては問題だとする指摘は少なく,昔のMS-DOS時代のパソコンを引き合いに出して,それでもみんな仕事に使っていたと・・・(う~ん,どうなんだろう?)
Read More...
スポンサーサイト



Date:2010/03/04(Thu) 16:05:38
iPad | Edit | Comment:0 | Trackback:0
少し前の記事でお伝えしたように,iPadの生産が遅れていて3月中の生産量が当初の予定だった100万台を大きく下回る30万台になるため,発売が延期されたり米国のみの限定販売になるのではないかというアナリストの話がありました.

このウワサに対して,Appleのスポークスパーソンが3月下旬に発売するとコメントしたため発売延期はなさそうだということが分かっていたのですが,今度は生産量に関する話が伝えられています.

ipad_2up_hometimes

元ネタは...DigiTimes

iPadの生産にあたっているFoxconn Electronicsのコンポーネントサプライヤは,供給はスケジュール通りでFoxconnは3月中に60~70万台のiPadを生産し,4月には100万台生産できるようになるだろうと話しているそうです.
Foxconn自体は市場の推測に関するコメントはしないといったそうですが,情報元によると予定が変更されることはなさそうだとのこと.

これ自体もウワサに過ぎませんが,本当だったら3月末に発売されると同時に60万台以上のiPadが市場に投入されるわけですよ.
しかも,4月になったら月産100万台!
四半期ベースで数百万台の販売台数といったら勢いのあったころのNetbookなみですね.

出来ることなら立ち上げの時から爆発的に売れて,初期モデルにありがちなトラブルに見舞われることもなく順調に売り上げを伸ばしていって欲しいものです.

(via:Mac Rumors
Date:2010/03/04(Thu) 06:54:23
iPad | Edit | Comment:0 | Trackback:0

Powered by FC2. Designed by Double KO.