ふみぃ~.何だか虚しい・・・
やはり,Appleもこれだけのリソースを放っておく手はないわけで,少し前に著作権の切れた電子書籍の話で紹介したProject Gutenbergのタイトルは既にiBookstoreで配布されることになっているそうです.
Project Gutenbergっていうのは日本でいう青空文庫のようなサイトで,著作権の切れた30,000タイトル以上の書籍をiPadに採用されているEPUBを含む各種フォーマットで配布しているサイトです.

ProjectGutenberg032610
(From App Advice

Lewis Carrollの「不思議の国のアリス」もありますね.
左上は「トム・ソーヤの冒険」かな.
どのタイトルも “FREE”,“FREE”,“FREE” となっています.
ただ,30,000タイトル全てが利用可能かどうかまでは確認してないようですけど・・・

日本でiBookstoreが始まったら青空文庫にあるタイトルも配布してくれると良いですよねぇ.
そしたら,曾孫が話題の夏目漱石だって,芥川龍之介だって,坂口安吾だってiPadにフリーでシームレスにダウンロードして読めるのに・・・

(via:MacDailyNews
スポンサーサイト



Date:2010/03/26(Fri) 13:28:49
iTunes Store | Edit | Comment:0 | Trackback:0
少し前に紹介した調査の記事で最後に書いた,iPadのビジネスユースに関する疑問に答えてくれるような,また別の調査が報告されていました.
調査はSybaseの委託を受けてZogby Internationalがオンラインで実施したもので,携帯電話を所有する2,443名(うち770名がスマートフォンを所有)の成人を対象としています.

結果のまとめはこちらのPDFファイルに書いてあって,最初の質問はiPadなどのタブレットデバイスをどんな用途に用いるかというもの.

iPadBusinessUse032610
(From Sybase)

最も多い回答は「仕事を行う」というもので,実に52.3%にもなります.
その後は「動画やTVを見る」,「ゲームをする」が続いて,再びビジネス関連で「プレゼンテーションに使う」人が20.0%.

後の方の質問では普通の携帯電話ユーザとスマートフォンユーザを分けて,携帯電話を仕事とプライベートの両方に使っているかを尋ねていて,携帯ユーザは46.3%しか「はい」と答えた人がいなかったのに対して,スマートフォンユーザは79.0%の人が「はい」と答えています.
このあたりは使っているデバイスによってかなり差があるようです.

また,スマートフォンやiPadは仕事の生産性を向上させるかという質問に対する答えがこちら・・・
Read More...
Date:2010/03/26(Fri) 07:04:32
iPad | Edit | Comment:0 | Trackback:0

Powered by FC2. Designed by Double KO.