ふみぃ~.何だか虚しい・・・
スポンサーサイト



Date:2010/04/28(Wed) 23:51:08
Summary | Edit | Comment:0 | Trackback:0
日本語独特の表記方法などについてEPUBも,というかEPUBに対していろいろと頑張らないといけない話はこれまでにも触れましたが,4月6日にEPUB標準を策定している国際電子出版フォーラム(IDPF)が,iPadのリリースを受けてEPUBフォーマットを現状に合わせるべく拡張したEPUB 2.1 Draft 0.8を発表したそうです.

主要な拡張内容は以下の通り.

  • 動画再生形式の策定とインタラクティブコンテンツ対応

  • 日本語縦書きなどの国際対応

  • アノテーション(注釈)、辞書、索引サポート

  • 数式の表示サポート(MathML等への対応)

  • PCや専用リーダー以外の複数デイバスでの表示を想定したページレイアウト

iPad向けのコンテンツでも少し手の込んだ「書籍2.0」みたいなものはいずれもiBookstoreではなくApp Storeの方で配布されています.
これもひとえに現行のEPUB 2.0.1という仕様がリッチでフレキシブルなコンテンツ作成に不向きだからで,上記の拡張のみで十分かどうかは分からないものの,少しはEPUBが利用されるシーンが増えてくるのかもしれません.

それとDAISY(Digital Accessible Information System)などEPUB以外のフォーマットとの連携も考えられているっていうのも嬉しいかも.
うーん,もともとDAISYもXMLベースでサブセットが異なるだけのEPUB互換だったような気が・・・

いずれにしても,iPadといえば電子書籍のようにいわれるにもかかわらずあまり表に出てこないEPUBも,これで少しずつ日の目をみるようになるのかもしれません.

(via:ITmedia +D PC USER
Date:2010/04/28(Wed) 09:09:54
iPad | Edit | Comment:0 | Trackback:0
使いやすさという点では比較対象としてあげられた記載を見たことはあるものの,機能比較から現状,ユーザの要望までまとめて書いてあってとっても面白い記事でした.

ITproの「iPhoneとらくらくホンの静かなる戦い」というもので,閲覧には無料登録が必要.
ここでは要点だけをちょろっと.

  • ユニバーサルデザイン
    いずれも国籍や性別,ハンディキャップなどを問わず使えるユニバーサルデザインに基づいて設計
    視覚・聴覚障害者でも操作可能にする機能が搭載

  • 2009年の出荷台数
    らくらくホンは1,600万台(こちらは累計かも?)
    iPhoneは169万台(MM総研

  • らくらくホンの特徴
    文字の拡大
    音声読み上げと声質による読み分け
    音声入力
    利用者の意見を機能改善や強化に反映

  • iPhoneの特徴
    先進の機能を搭載
    画面表示の拡大
    音声による操作
    音声読み上げ “VoiceOver”


これらの比較からも分かるように,一見対極にあるように思われる2つのデバイスには非常に多くの共通点があり,最近相次いで発表されているスマートフォンはユニバーサルデザインという観点でiPhoneに及ばないため,らくらくホンに最新の機能を望むユーザ達の受け皿としてiPhoneが選ばれているらしく,障害者が使う携帯電話として「2強時代」になりつつあるそうです.
Read More...
Date:2010/04/28(Wed) 07:47:26
iPod/iPhone | Edit | Comment:0 | Trackback:0
新しいMacBook Proのグラフィックス自動切り替えとは,Core i5/i7に統合されたIntel HD GraphicsとディスクリートGPUのNVIDIA GeForce GT 330Mを,負荷に応じてユーザの知らないところでひっそりと選んで使ってくれる機能です.

これは同様の機能を提供するNVIDIAのOptimus Technologyを利用しているわけではなく,Apple独自の技術によって実現されているという話になっていて,実際のところどういう仕組なのかを推測している記載を見かけたので簡単に.

 アップルの説明によれば、同社の技術ではCore i5/7内蔵GPU(内蔵GPU)への電源供給を完全にカットできるという。一方OptimusではディスクリートGPUの使用時でも最小限ではあるが、内蔵GPU部分に電源は供給されている。それは技術情報にもあるように、内蔵GPU側がディスプレイコントローラとして機能しているためだ。上記のテスト結果と内蔵GPUへの電源供給を完全にカットするというアップルの説明を組み合わせると、アップルの技術はディスプレイコントローラとしては常にディスクリートGPU側を使い、こちらに最低限の電源を供給している可能性がある。一切内蔵GPUを使わないディスクリートGPU固定のモードと、双方のGPUとしての機能にはほとんど負荷がかからないはずの自動切り替えモードのアイドル状態でバッテリ消費にはほとんど差がなかったことからの推測だ。これはまたIntel HD Graphicsのみを使用するモードが存在しないことの理由のひとつにもなる。さらに後述するが、Bootcampを使ってWindowsを利用する際にはディスクリートGPUであるGeForce GT 330Mしか利用できないという点も推測の根拠に含まれる。


なーるほど,詳細な機構はともかく大雑把にはこういった仕組みで動いてると考えるとつじつまが合いますね.
やっぱりプロモデルだし,基本はバリバリ頑張る方で!ってことでしょうか.

(via:PC Watch
Date:2010/04/28(Wed) 07:05:01
Macintosh | Edit | Comment:0 | Trackback:0
AdMobが今年3月のモバイルネットワークの統計を発表していました(PDF).
いつものようにいろいろと面白いデータが載っている中で,一番興味深いのはこちら.

MobileOSShareUS042810
(From AdMob)

米国におけるスマートフォンのOSシェアを月別に集計したもので,先月の時点でiPhoneに肉薄していたAndroidがついにiPhoneのシェアを上回ったようです.
3月のOSシェアはiPhoneが39%であるのに対してAndroidが46%と7%も差をつけられています.

AdMobの統計自体はモバイル広告のインプレッションから算出されたものなので,販売台数をダイレクトに表すものではなくモバイルインターネット利用率を反映したものです.
ただ,残念ながらこれまでの推移を見ても,この傾向はしばらく続きそうな感じです.

一方,ワールドワイドの統計がこちら.
Read More...
Date:2010/04/28(Wed) 06:32:11
iPod/iPhone | Edit | Comment:0 | Trackback:1

Powered by FC2. Designed by Double KO.