ふみぃ~.何だか虚しい・・・
あちらこちらで「Intel MacでWindowsを動かすことが出来るのか?」ってことが話題になっていますが,今のところはWindows Vistaなら大丈夫で,Windows XPは動く“かもしれない”っていうのが正しそうなところでしょうか?

じゃあ,結局のところIntel MacとWindowsはどれだけ違うのかっていうことに関する記事がTG Dailyに掲載されていました.

これによると,Intel Macはこれまでにも取り上げているように,標準的なIntel 945チップセットを使用していて,975チップセットじゃないからViivやCentrinoといったプラットフォームの用件を満たさないって書いてあります.
でも,Viiv PCって945/955/975ファミリのどれでも良かったのでは???
もっとも,Windows XP Media Center Edition 2005を搭載していないってところで引っかかりはするのですが...

じゃあ全然異なるところはないのかっていうと,そうではなくて,まずは当たり前ですがキーボードが違う.
まぁ,これはいっか...
次に,BIOSがない.
これも語られていますねぇ.

ってことで,今までの情報と同じじゃないかと思ってたのですが,最後の最後に気になる記載が...
「Intel 945チップセットにはTrusted Platform Module(TPM)がない」って書いてあります.
TPMってのはこれまでにIntel PCでMac OS Xを動かさないようにするために,Appleが細工をしてるとウワサされてたアレですよ!!
で,これがないのであれば今回発表されたIntel Macのアーキテクチャーにおいて,TPMは重要な役割を果たしてないのでは?ってことみたい.

だとしたら,Appleは別の方法でWin on Macを防ぐ方法を思いついたのでしょうか???
全く策を講じてこないはずはないので,もっと破られにくい方法があるのかなぁ???
Date:2006/01/15(Sun) 19:56:59
Macintosh | Edit | Comment:0 | Trackback:0
Comment
Posted Comment
Comment to This Entry
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
Trackback URL
http://doubleko.blog18.fc2.com/tb.php/1080-c6e01b71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Trackback

Powered by FC2. Designed by Double KO.