ふみぃ~.何だか虚しい・・・
これ以上どんな機能をブラウザに求めるかっていうことかもしれない...

IT Proに,米Mozillaのクリストファー・ビヤード副社長の話が掲載されていました.
彼のコメントによると,「Internet ExplorerやOperaなどの競合ブラウザに比べて、常に優位性を保つためFirefoxのメジャー・リリースを最短6カ月に短縮する。次期バージョンであるFirefox2.0は今年の7~9月、3.0は2007年の1~3月にリリースする予定だ」ってことみたいです.

今でこそ,Internet Explorerはタブブラウジングもないし,数多くのセキュリティー問題にさらされていますが,次世代Internet Explorerではそのあたりを改善してくるはずなので,機能的には遜色ないレベルになることは必至です.
細かい機能拡張は当然残されていると思いますが,ユーザを強く引きつけるだけの革新的な機能追加っていうのはしばらくでてこないように思うのですが...

だいたい,Microsoft自体もWindows Liveとかには一生懸命リソースを費やしてくることは予想できますが,Internet Explorerにそこまで頑張る必要性自体がなくなってきたのかも...
Date:2006/01/18(Wed) 12:08:46
Net | Edit | Comment:0 | Trackback:1
Comment
Posted Comment
Comment to This Entry
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
Trackback URL
http://doubleko.blog18.fc2.com/tb.php/1098-8f810350
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Trackback
人気Blogランキングいつもワンクリックありがとうございます(^^Mozilla Developer Meeting 開催、Firefox2.0/3.0 の詳細もニュースが流れてから1週間以上経って初めて知りました。ブラウザFirefoxのバージョンアップの詳細が次々と明らかになっているようです...
2006/03/13(Mon) 08:42:08 | インターネット時代の新・勉強法!

Powered by FC2. Designed by Double KO.