ふみぃ~.何だか虚しい・・・
この話自体はiPodに限ったことではないんじゃないかと思うのですが,The Whoのギターリストで自身も難聴に苦しんでおられる,Pete Townshend氏の呼びかけに端を発して,医師の警告まで出たもんだからここまで発展しちゃったんでしょうか?

MacDailyNewsによると,John Kiel Patterson氏がSan Joseのカリフォルニア連邦裁判所でAppleに対する訴訟を起こしたそうです.

訴状によると,氏はAppleに対して製品のアップグレードと難聴に対する補償を求めているそうで,集団訴訟にもっていきたいとも書かれています.

 米マーシュフィールド病院(ウィスコンシン州)の聴覚専門医は19日(米国時間)、iPodなど携帯音楽プレーヤーの乱用は難聴を招くとして、利用時間を1日2時間以内に抑えることを呼びかけた。音量が適正でも、イヤホンで聞き続けると耳を傷つけ、40代になるころに補聴器が必要になりかねないと訴えている。


前述した専門家のコメントでは上記のように書かれており,80dB以上では8時間,100dBを越えるとわずか1.5~2時間で聴力を障害する可能性があるとされています.

最初にも書きましたがiPodだけに限ったことではないし聴き方の問題もあるので,訴訟の行方がどうなるのかは分かりませんが,母指をはじめとした反復運動過多損傷のこともありますし,くれぐれも気をつけて楽しみましょうね!!
Date:2006/02/02(Thu) 11:58:06
iPod/iPhone | Edit | Comment:2 | Trackback:3
Comment
Posted Comment
こんなことで
敗訴ってありえるんでしょうか?
確かに最大デシベルを公表していないことは非難されるかもしれませんが。
訴訟自体がナンセンスでは?
iPod被害団体よりiPod恩恵団体の方が母集団は圧倒的に多いと思います。
まぁ、”出る杭”は一回はたたかれるんですかね?
2006/02/03(Fri) 19:55:59 | URL | Dr.G #-[ Edit ]
閾値
米国は訴訟社会なので閾値が低いだけでは?
それだけ,個人の権利を主張できるバックグラウンドがあるっていうのは良いような悪いような...ですね.
改良は受け入れないといけないかもしれませんが,補償までにはならないような気が...
2006/02/03(Fri) 23:59:21 | URL | Double KO #ax4px7aw[ Edit ]
Comment to This Entry
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
Trackback URL
http://doubleko.blog18.fc2.com/tb.php/1215-b00cba4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Trackback
2月1日米ルイジアナ州に住む男性が、iPodが聴力障害を起こす可能性があるとAppleを提訴したそうです。訴えによると、iPodは115デシベル以上の音量を出すことができ、1日当たり28秒以上使用した場合、聴力を損なう可能性があると指摘しています。
2006/02/02(Thu) 18:33:25 | GM log
以前のエントリーで触れた、米国の医師が iPod など携帯音楽プレーヤーの乱用は難聴を招く恐れがあるため、利用時間を1日2時間以内に抑えるよう呼びかけているという話が、今度は裁判沙汰になってしまったようだ。CNET Japan によると、ルイジアナ州在住の男性が「アップル
2006/02/03(Fri) 13:10:34 | Blog!NOBON
 「iPod の人気ってすごいんだなあ~」と思うのが、真似っこ製品の多さ。あれもあれもあれも。他にもいくつもあります。だけど、Apple 側は、とくに相手にしないようですね。中には、訴訟を起こされても当たり前のものもあると思うのですが。 逆に、いくつも訴訟を起こさ
2006/02/04(Sat) 01:16:30 | インサイト ブログ

Powered by FC2. Designed by Double KO.