ふみぃ~.何だか虚しい・・・
昨日の記事じゃあないけれど,スペックのみでプロセッサの性能を比較するのってだんだん困難になっていきますねぇ...
クロックだけじゃなくアーキテクチャっていうかプロセス効率,それにコア数にいたるまでたくさんのパラメータが関係するので何が何だかって感じですよ~.

ちょっと前の記事になるのですが,PC WatchにAMDのプロセッサに関する記事が載っていて,昨日のCNET News.comにIBMのプロセッサの話がありました.

実はこの2つのメーカーは共同開発をしてるんですよねぇ.
IBMはもともとCPUのプロセス技術については優位性をもっていますし,AMDもADM64の成功でアーキテクチャに自信をつけてきました.
この2社が組むことで相乗効果を生むのではないかっていうのが最初の記事の主旨だったりします.

もう1つの記事はというと,IBMの次世代プロセッサ“Power 6”のことが書いてあります.
これによると,Power 6は現在の2倍のクロック数にあたる4~5GHzで動作するらしくて,しかも消費電力が下がるそうです!!
原子・分子レベルからソフトウェアにいたるまで「包括的なデザイン」を施すことによって実現されるんですって!

これまでIntelはクロック数を上げることに注力してきたわけですが,消費電力の増大によって戦略転換を余儀なくされてしまいました.
マルチコア化によって活路を見いだそうということなのでしょうけど,IBMは既にquad-coreですからねぇ...
その上,クロック数までも上回れてしまった日にはどうするんでしょう?って感じです.

良く分からないけど,その時にはADMにスイッチすればよいのかな?
Date:2006/02/08(Wed) 16:57:31
PC | Edit | Comment:2 | Trackback:0
Comment
Posted Comment
>その時にはADMにスイッチすればよいのかな?
IBMにスイッチすればいんじゃないですか?
2006/02/08(Wed) 17:42:13 | URL | じゅん #EBUSheBA[ Edit ]
それもありですね
確かにリソースはあるわけですからそれもありですね.
Macを使うときにCPUだけで選んでいるわけでもないですし...
2006/02/08(Wed) 19:19:20 | URL | Double KO #ax4px7aw[ Edit ]
Comment to This Entry
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
Trackback URL
http://doubleko.blog18.fc2.com/tb.php/1258-012c898c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Trackback

Powered by FC2. Designed by Double KO.