ふみぃ~.何だか虚しい・・・
CNET Japanが伝えるところによると,デジタル音楽配信企業と音楽出版社の間で進められてきたロイヤリティに関する交渉が決裂したそうです.

問題になっているのは,Yahoo,RealNetworks,Napsterが提供するオンライン・サブスクリプションサービスで,Appleの提供するiTMSなどのダウンロードサービスは既に支払うべきロイヤリティが決定しているので影響はないみたい.

サブスクリプションサービスを提供する配信会社からは,過去4年間にわたって作曲家や出版社に1セントも分配されていないらしいっす.
ひどすぎません?
4年間ですよ!

サブスクリプションサービスにもいろいろあって,ダウンロード可能なものもストリーミングのみのものもあるので問題になっているとか...
個人的にはお菓子のつかみ取りじゃあるまいし,月々いくら払えば持って帰り放題っていうビジネスモデル自体が問題じゃないかと思います.
だいたい,一生懸命良い音楽を作ってくれてるアーチストの方に失礼です!

音楽の違法ダウンロードが横行し,それに対するアンチテーゼとして合法的な音楽配信がようやく支持を得はじめてるところ.
著作権に対する意識がせっかく高まっているのですから,この際,お互いに中間搾取者の利益ばかり優先するのはやめて根本的なシステム作りが行われても良いんじゃないの!!!
Date:2005/08/30(Tue) 00:38:46
Business | Edit | Comment:2 | Trackback:1
Comment
Posted Comment
配信会社と著作権管理会社
米国がどういった仕組みかは詳しくないのですが、著作者、実演家に利益を分配するのは著作権管理業界の仕事なので、逆に言うと仕組みを作ることが出来なかったNMPA側にも問題はあると思います。

アーティスト、ユーザーにとってメリットがあって、かつレコードメーカーや配信会社が健全に営業できる数値を設定出来るのかということがポイントだと思いますがいかがでしょう?。
問題は4年間支払われていない原因がユーザーにもミュージシャンにも関係のない部分がボトルネックになっているということですよね。


2005/08/31(Wed) 18:16:28 | URL | ロビー@digitalJUICE #-[ Edit ]
コメントありがとうございます
9月7日のニュースに隠れて見逃されがちですが,今後の音楽配信を考える上で重要な出来事だと思っています.ミュージシャン(あるいは著作権者)が参加できるような枠組み作りが必要ではないかと思ってるんですけど...
実は一番TB,コメントが欲しかった記事です.重ね重ねありがとう.
2005/08/31(Wed) 21:16:13 | URL | Double KO #ax4px7aw[ Edit ]
Comment to This Entry
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
Trackback URL
http://doubleko.blog18.fc2.com/tb.php/126-c945bb70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Trackback
音楽配信には大きく分けて2種類あるのをご存知だろうか?一つは「iTunes Music Store」に代表されるDL販売タイプ。もう一つが定額で聴き放題のオンライン・サブスクリプションサービスと言われるタイプだ。DLタイプについては著作権料の取り扱いについて決定されてい...
2005/08/31(Wed) 18:18:07 | digitalJUICE

Powered by FC2. Designed by Double KO.