ふみぃ~.何だか虚しい・・・
「ムーアの法則」というのをご存じですか?
念のために書いておくと「半導体の集積密度は18~24ヶ月で倍増する」というものです.
まれにクロックのことだと思われている方もおられますが,倍増するのは集積密度の方です.

e-WordWikipediaにも書かれているように,2010年ないしは2020年頃には限界を迎えるといわれていますが,現在はまだ成り立っている経験的法則です.
ですが,最近この法則を支えているのは,ゴードン・ムーア氏自身が創立したIntelではなくIBMだったりします.

Slashdotによると,IBMが行っているphotolithograhyの研究によって30nmプロセスまで可能になるそうです.
今のIntel Macに搭載されているプロセッサが65nmプロセスですので,さらに半分以下になるわけです.

一体全体,これぐらいになったときにコンピュータの性能はどれだけ向上しているのでしょうか?
単純にいっても4年後には16倍ですかぁ...
Date:2006/02/21(Tue) 01:23:02
PC | Edit | Comment:0 | Trackback:0
Comment
Posted Comment
Comment to This Entry
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
Trackback URL
http://doubleko.blog18.fc2.com/tb.php/1345-14c588ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Trackback

Powered by FC2. Designed by Double KO.