ふみぃ~.何だか虚しい・・・
昨日の記事でSafariのセキュリティ・ホールの話を掲載しましたが,実際にはSafari以外でも危険があるとして再度警告が出されていました.

IT Proによると,今回のセキュリティ・ホールはSafariに存在するわけではなくMac OS Xに存在するものらしく,Mail.appなどのソフトでも悪意のあるシェル・スクリプト・ファイルを実行されてしまう可能性があるそうです.

回避する手段としては,「Mail.appを使わない」ということみたいです.
他にはターミナルを用いてumaskを0022から0777(ユーザー全員について読み取り、書き込み、および実行の パーミッションをすべて削除する)に変更すると,Mail.appがファイルを自動的に実行することを防ぐことが出来るそうです.

また,ITmediaにはBluetoothを介して広まるMac OS Xのウイルス,“Inqtana.A”に“Inqtana.B”と“Inqtana.C”という亜種が確認されたという記事を掲載されていました.
原種との違いはMac OS X 10.3にも感染するようになっているそうですが,最新のパッチを当てることで防げるのは同様です.

ウイルス対策ソフトの方にも混乱があるのか,IT Proには英Sophosのソフトでは間違ってOffice 2004のファイルをウイルスと認識することがあると書いてありました.

最初に書いたセキュリティ・ホールについてはAppleが既に認識しており,パッチを開発中だという話もCNET News.comに載っています.

なんだか物騒な話ばかりですが,これを機にこまめな対策を怠らないように注意しましょう!!
ITmediaに,ここ最近のセキュリティ情報と対策および心得(?)がまとめてある記事が掲載されていました.←ためになりますYO!

<追記(2006/2/23)>
MYCOM PC WEBにもこのことに関する記事が掲載されていて,セキュリティベンダーのSecuniaのサイトで公開されている“Mac OS X Command Execution Vulnerability Test”を用いると使用しているシステムに脆弱性が存在するかどうかを調べることが出来るそうです.
Date:2006/02/22(Wed) 20:39:35
Macintosh | Edit | Comment:0 | Trackback:0
Comment
Posted Comment
Comment to This Entry
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
Trackback URL
http://doubleko.blog18.fc2.com/tb.php/1359-7dc6ed05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Trackback

Powered by FC2. Designed by Double KO.