ふみぃ~.何だか虚しい・・・
時に,事実は事実として受け入れなければなりません.

CNET JapanにMac OS Xのハッキングコンテストに関する記事が掲載されていました.
すごーく簡単に要約すると,スウェーデンに住むMacファンの方がサーバとしてセットアップした自分のMac miniをハッキングするコンテストを開いたところ,未公開のセキュリティホールを利用して30分でハッキングされてしまったというものです.

この優勝者いはく,「バグ探しが好きな連中にとって、Mac OS Xへの侵入は簡単な作業だ。ただし、Mac OS Xには本格的なマニアの関心を引くほど大きな市場シェアがない」だそうです.

だけど,記事に追記する形で「ハッキングコンテストの参加者は、対象となったコンピュータに、ローカルクライアントとしてアクセスすることが認められていた」と書いてあります.
この条件があるとないとでは大違いだと思いますが,いろんな脆弱性があるのは事実のようですね.
少し前のCNET Japanの記事でも,Windowsに比べてMacの方が脆弱性の件数が多いということが書かれていましたし...

この事実を知ってユーザが出来ることは多くないかもしれません(既知の脆弱性に対する対処をしておくのはいうまでもないですよ).
だけど,この事実を知ってAppleがどう思うのかということは重要かもしれません.

 Apple Australiaの関係者は6日、同社はこの件についてコメントを発表できる段階にないとした。またApple本社の関係者にもコメントを求めようとしたがつかまらなかった。


記事にはこう書いてありますが,発表できる段階になったら是非ともAppleの思いを聞かせてほしいと思うのですが...
いかがでしょう?
Date:2006/03/07(Tue) 23:09:59
Macintosh | Edit | Comment:2 | Trackback:0
Comment
Posted Comment
ことさらビビル必要もないと思います・・・。
自分で防衛していれば良い話で。

脆弱性が発見されたら、すぐにパッチが公開されているだけマシですよ。
『緊急性を要するパッチ』が月に1度ずつしか公開されない、某OSに比べたら。
2006/03/08(Wed) 12:44:39 | URL | sion #Fh4GReIc[ Edit ]
自己防衛
sionさん,どうもです.
結局行き着くところは自己防衛をしっかりすることですね.
2006/03/08(Wed) 22:42:33 | URL | Double KO #ax4px7aw[ Edit ]
Comment to This Entry
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
Trackback URL
http://doubleko.blog18.fc2.com/tb.php/1455-9d5e4d8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Trackback

Powered by FC2. Designed by Double KO.