ふみぃ~.何だか虚しい・・・
Intel Switchがこれだけ順調にいっている様子を見ると,やっぱりAppleにとってIntelは非常に重要だったのかもしれないと思う今日この頃ですが...
逆に,IntelにとってAppleが重要であることは,Intel Switchが発表されたWWDC 2005の時にも,最初のIntel Macが発表されたMacworld Expo 2006の時にも気合いの入り方が違うことから十分伝わってきます.

CES 2006の記事では,Intel CEOのPaul Otellini氏がAppleの正式発表よりも1週間早くMacBook Proらしき写真をプレゼンテーションで使用していたという話も紹介しました.

そんなIntelの心酔ぶりを示すエピソードをもう1つ.

PC Watchに掲載されている元麻布春男氏のコラムで見かけたのですが,今回のIDFでは2つの史上初な出来事があったそうです.

1つはAMDとの性能比較を解禁したというもので,もう1つが基調講演のデモにApple製品が使われたということ.
基調講演に使用されたのはiMac Intel Core Duoで,デモの内容はGoogle Mapと航空管制データのMashupだったので,Macでなければならない理由は全くなかったにもかかわらず,だそうです.

また,別のプレス向けQ&AでのIntel副社長,Gelsinger氏の話も紹介されていました.

モバイルPCに比べデスクトップPCにはイノベーションの余地があまり残っていないのではないか、といった主旨の質問を受けたデジタルエンタープライズ事業部(IntelにおけるデスクトップPCの総元締め)のGelsinger副社長は、「PCとMacはどっちがイノベイティブだと感じるかい」と聞き返した。質問者が返答に困っていると、「Macの方がイノベイティブだよね。僕もそう思うよ。ということは、PCにはまだまだイノベーションの余地が残っているということじゃないかい」と回答した。


これだけIntelに惚れ込まれてしまっているわけですから,記事にも書かれているように,お返しにSteve Jobs氏がIDFの基調講演にゲストとして登壇する姿を,私も見てみたいような気がします.
Date:2006/03/12(Sun) 13:44:32
Apple | Edit | Comment:0 | Trackback:0
Comment
Posted Comment
Comment to This Entry
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
Trackback URL
http://doubleko.blog18.fc2.com/tb.php/1492-2ffd2f4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Trackback

Powered by FC2. Designed by Double KO.