ふみぃ~.何だか虚しい・・・
Apple好きな人に限らず,AppleがInovationに長けた企業であるということは広く認識されているところですが,そんな企業イメージの将来に疑問を投げかける記事がApple Insiderに掲載されていました.

内容としては,Troy Wolverton氏が書いたTheStreet.comの記事に,AppleがR&D(Reserach & Development,研究と開発)に費やす資金が少なすぎると指摘されているそうです.

具体的には,R&D費用は減少しているわけではなく,過去4年間にわたって年率27%で売り上げが伸びているにもかかわらず,同時期のR&D費用が平均5.6%しか増えていないことから,そのうちAppleの革新性が底をつくのではないかということみたいです.

個人的には,記事の後半に記載されている他の多くのアナリストの意見に賛成で,Microsoftの例を挙げるまでもなく,多くの企業ではR&D費用が無駄に使われているだけのことだと思います.
それだけの費用をつぎ込めば,Appleの10倍優れた製品を出すことができても不思議じゃないのに...っていう指摘はごもっとも!!

先日の記事で紹介した,Appleがインドに新設するR&DセンターにわざわざSteve Jobs氏自ら出向くという話からも分かるように,AppleにとってInovationは生命線ですからね.
効率良くR&Dに投資せずして何とする?って感じですよ!!
Date:2006/03/16(Thu) 22:39:22
Apple | Edit | Comment:0 | Trackback:0
Comment
Posted Comment
Comment to This Entry
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
Trackback URL
http://doubleko.blog18.fc2.com/tb.php/1522-16069b51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Trackback

Powered by FC2. Designed by Double KO.