ふみぃ~.何だか虚しい・・・
先日から始まったApple ComputerとApple Corpsの“Apple”ロゴをめぐる裁判の話ですが,昨日のMacworld UKによると,まずはApple Corpsの冒頭陳述から始まって,Apple ComputerはiTunes Music Storeでの音楽販売の広告に(かじられている方の)Appleのロゴを用いており,このことは両社が同じようなロゴを使用するに当たって制限を定めた,1991年の合意に反するものだと主張したそうです.

ちなみに1991年の合意では,Apple Computerはコンピュータと音楽関連のデバイス,ソフトウェアに対してはロゴを使用することが認められ,Apple Corpsには音楽の制作と販売に対してロゴを使用することが認められています.

その上でApple Corpsとしては,Apple ComputerがiTMSでの楽曲販売は認めるが,その広告にAppleロゴを使用しないことと,数百万ドルの損害賠償を求めたそうです.

今日のMacworld UKの記事によれば,Apple Computerの弁護士はApple Corpsの要求を拒否して,iTMSは音楽の販売ではなくデータ転送に過ぎないと述べており,データ転送は1991年の合意でわれわれ(Apple Computer)の領分だといっているそうです.

問題を複雑にしているのは,1991年の合意の1年後にWWWが発明されているため,合意の時点ではネット上での音楽配信自体が存在しなかったことだとしています.

ですが,Apple ComputerがiTMSを立ち上げる前に,Apple Corpsに対してロゴを100万ドルで売ってくれと頼んだけれど断られたという話も載っていたりもします.
ってことは,その時点でApple ComputerはiTMSが両社の合意に抵触すると考えていたのでは?っていわれたら言い返せないような気がするなぁ...

裁判は5日間続くそうです.
Date:2006/03/30(Thu) 22:10:13
Apple | Edit | Comment:0 | Trackback:0
Comment
Posted Comment
Comment to This Entry
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
Trackback URL
http://doubleko.blog18.fc2.com/tb.php/1628-0f1618d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Trackback

Powered by FC2. Designed by Double KO.