ふみぃ~.何だか虚しい・・・
最近はあまり真面目にサーバの管理をしなくても,それほど大きなトラブルに遭遇しないのでApple Remote Desktopの出番もずいぶん減りましたが,Appleがサーバ市場に向けた製品をリリースしているという意味では重要かと思ったり...

Apple Insiderによれば,現在のApple Remote Desktop 2.2の次にあたるApple Remote Desktop 3.0の開発が完了したそうです.

主な機能追加としては,自動インストール機能,ネットワーク経由でのコピーアンドペースト,リモートからのスポットライト検索などが予想されています.
ただ,メインの機能は過去何年も変更されていないので,新しい仕掛けとしてWidgetを用いてDashboard環境でリストからクライアントマシンを選択して監視できるようになるのではないかといわれています.

その他の機能としては,プライバシーないしは「カーテンモード」と呼ばれるものや,ファイルコピーのサポートの改善,ユーザやアプリケーションの利用状況のレポートなども搭載されるかもしれないそうです.

Appleはすぐにでもリリース可能なようですが,Apple Remote Desktop 2.2のリリースがMac OS X 10.4 Tigerと同時だったように,Mac OS X 10.5 Leopardの発表まで控えるかもしれないと書いてあります.
Date:2006/04/06(Thu) 23:09:05
Macintosh | Edit | Comment:0 | Trackback:1
Comment
Posted Comment
Comment to This Entry
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
Trackback URL
http://doubleko.blog18.fc2.com/tb.php/1680-603d40eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Trackback
アップルから発表された、Apple Remote Desktop(アップルリモートデスクトップスリー)アップルコンピューターでは、デスクトップマネジメントソフトウェアの第3世代。
2006/04/12(Wed) 00:14:38 | iPod style magazine ~ iPod音楽情報ミュージックブログ ~

Powered by FC2. Designed by Double KO.