ふみぃ~.何だか虚しい・・・
NeoOfficeといえば,Mac OS X上でX11を介することなくnativeに使用できるOffice Suiteの1つで,今回発表されたNeoOffice 2.0はOpenOffice.org 2.0.2をコードベースにしていたりします.

MYCOM PC WEBによると,NeoOffice 2.0のα版を評価できるプログラム “NeoOffice Early Access Program” というのが有償で開始されたそうです.
元になっているOpenOffice自体もオープンソースでありフリーで使用できますし,これまでのNeoOfficeもフリーだったわけですが,寄付で得られた金額が出資の半分にも満たないという厳しい財政状況らしく有償でのプログラム開始に踏み切ったそうです.

参加希望者は、5月9日以前は25米ドル、それ以降は10米ドルを支払うと、5月23日に提供開始予定のNeoOffice 2.0アルファ版(PowerPC用)を事前に入手できる。同時に募集が開始される「NeoOffice 2.x Early Access subscriptions」では、100米ドルを支払うことにより、今後NeoOffice 2.x系列で予定されている評価プログラムへ自動的に参加できる。


オープンソースのソフトウェア開発もなかなか大変なんでしょうねぇ...

ちなみに,NeoOffice 2.0もJavaによりX11に依存せず動作可能なわけですが,Javaで実装された機能のためにIntel Macでは動かないそうです.
Date:2006/04/25(Tue) 16:52:55
Macintosh | Edit | Comment:0 | Trackback:0
Comment
Posted Comment
Comment to This Entry
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
Trackback URL
http://doubleko.blog18.fc2.com/tb.php/1809-e3d97907
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Trackback

Powered by FC2. Designed by Double KO.