ふみぃ~.何だか虚しい・・・
今日はIntelも株主総会だったんですね.
こちらでも,Macユーザに関係する重要な発言があったみたいですよ!

CNET Japanが,Intelの株主総会の内容を伝える記事を掲載していて,リストラやコスト削減のほか,製品の開発サイクルを2年ごとにすることで,新デザインの投入スピードを2倍に高める計画を明らかにしたそうです.

開発サイクルについては,これまでもいわれていたように,複数の開発チーム(イスラエル,オレゴン,サンタクララ)が平行して開発を進め,交互に新しいマイクロアーキテクチャを投入することをあらためて説明したということですね.

で,Macユーザにも関係するのは以下の記載です.

 新たな設計サイクルから生まれるチップの第一弾は、今年6月に登場予定のデュアルコアプロセッサ「Woodcrest」だ。プロセッサソケットを2つ持つWoodcrestは、主流のサーバ向けとなる。また、7月にはデスクトップ向けの「Conroe」が、8月にはノートPC向けの「Merom」がそれぞれ発売になると、Otellini氏は述べた。


次世代のIntel Coreプロセッサである “Merom” と “Conroe” , “Woodcrest” のリリース予定が,今まででは一番はっきりと語られています.

デスクトップにしても,ラップトップにしてもYonahがあれば,コンシュマーモデルは何とかなるわけで,AMDに対抗するためにもWoodcrestの投入時期を早めたのだと思います.
この時期に,Appleが開催する大きなイベントとしては,8月のWWDCと9月のApple Expo Parisがあるわけですが,単に時間的に見るといずれのプロセッサもほぼ利用可能になっているはずです(Meromの8月が微妙ですが...).

Yonahが発売されたときには,数日後にはiMac Core DuoとMacBook Proが発表されたわけですが,今回はじっくりいくのでしょうか?
コストの問題もありますが,8月のWWDCの時点でWoodcrestをデュアルで搭載したMac Pro Intel Quad Coreにお目にかかれるのかもしれませんね!!

さすがに,8月とか9月にはiBookの後継機が発表されているでしょうし,Meromも利用可能になるわけですから,これを搭載した64-bit MacBook Proってのにも期待してしまいます!
Date:2006/04/28(Fri) 21:32:34
Macintosh | Edit | Comment:0 | Trackback:0
Comment
Posted Comment
Comment to This Entry
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
Trackback URL
http://doubleko.blog18.fc2.com/tb.php/1839-c37a57d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Trackback

Powered by FC2. Designed by Double KO.