ふみぃ~.何だか虚しい・・・
一昨日の記事で紹介した “Get a Mac” キャンペーンのことなんですけど,いろんな意味でこれまでのものとは一線を画しているのではないかと思えるので,そのあたりについてちょっと考察を...

まずは,タイトルですが, “Mac” というタームが入っています.
別にふつうじゃないかといわれるかもしれませんが,これまでの “Think Different” しかり, “Switch” キャンペーンしかりで,コピーに “Mac” っていうのは入っていなかったんですよね.
これには,やっぱり今年は “Mac” の年だというAppleの意思表示があるのではないかと.

1月に書いた記事なのでもうずいぶん昔ですが,自分で書いておきながら結構お気に入りの記事でも述べたように,iPodのブランドバリューは去年まででずいぶん高まったので,今度は “Mac” の番です.
日本語にすると「Macを手に入れろ!」ってことなので,Appleにしてはずいぶんと直接的なコピーなわけで,そこに明確な意図がないとこうはしないのではないかと思います.

もう1つは,あのTV CMですが,PCとMacにふんした役者が並列して登場します.
比較広告としては,別に当然といえば当然なんですが,あれはBoot Campのユーザをターゲットにしているのではないかと.

つまり,Boot Campで1台のMacの中にMac OS XとWindows XPを「並列に」インストールできるようになったわけですが,両方のOSを並べてみてどうよ?みたいな感じでしょうか?
Boot Campが,これまではMacを選択肢としてとらえていなかったユーザ層に訴えかけるだけの力を十分に持っているかどうかは別として,ちょっと興味がある人たちを引き込むぐらいの力は持っているようなので(関連記事1関連記事2),これまで以上に直接比較する対象になる機会は増えるのだと思います.

そんな人たちが,Macの有意性を誇示するかのようなCMをみたら...
意外と訴えかけるものがあったりしませんかねぇ...

そんなこんなで,少なくとも今年のAppleは “Mac” に関して,かなり本気です!! たぶん...
Date:2006/05/04(Thu) 03:23:40
Macintosh | Edit | Comment:0 | Trackback:0
Comment
Posted Comment
Comment to This Entry
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
Trackback URL
http://doubleko.blog18.fc2.com/tb.php/1875-de20f99e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Trackback

Powered by FC2. Designed by Double KO.