ふみぃ~.何だか虚しい・・・
元ネタにもあるように,P2Pといえば著作権侵害の代名詞のように語られていますが,その中でもBitTorrentはオープンソースソフトウェアの配布に利用されたりと,合法的な目的でも使用されています.

同社はファイル共有技術の開発会社では初めて,ハリウッドの映画会社と販売契約を交わす会社になったそうです.
BitTorrentと提携を交わしたのはWarner Bros.で,今夏から,BitTorrentのP2Pシステムを使用して,「デュークス・オブ・ハザード」や「バビロン5」などの映画やテレビ番組の販売を開始すると書かれています.

コンテンツの価格体系については,まだ明らかにされていないものの,テレビ番組などは1ドルで販売される可能性があるとしています.

iTMSでのコンテンツ配信にP2P技術が応用されるのではないかといううわさや,Mac OS XにBitTorrentが組み込まれるといううわさもあるだけに,音楽ファイルよりもさらに大容量となる映画配信に向けてAppleが絡んでくる可能性もなきにしもあらずかも?

これが,Warner Bros.じゃなくて,Disneyだったらもっとワクワクするんですけどね!

(via:CNET Japan
Date:2006/05/09(Tue) 20:02:13
Movie | Edit | Comment:0 | Trackback:0
Comment
Posted Comment
Comment to This Entry
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
Trackback URL
http://doubleko.blog18.fc2.com/tb.php/1919-4f3d34cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Trackback

Powered by FC2. Designed by Double KO.