ふみぃ~.何だか虚しい・・・
いよいよ正式版が見えてきました.

これまでにも何度となくお伝えしている仮想化ソフト(Virtual PCみたいなやつね!),Parallels Workstation 2.1 for Mac OS Xが,リリースへの最終段階となるRelease Candidate(RC)を公開していました.
今回からは名称がParallels Desktop for Macに変更されています.

ParallelsDesktopForMac051906

主な変更点は以下の通り.

・新しいルックアンドフィール
・パフォーマンスと安定性の改善
・USBサポートの追加と改善
・共有フォルダの機能性の改善
・ネットワーキングの改善
・サウンドサポートの改良
・フルスクリーン操作の改良
・サスペンドと再開の問題を解決
・アンインストーラーを導入
・言語別のキーボードマッピング問題の修正
・赤い “Power Off” ボタンが常に電源オフとして機能
・青い “Pause” ボタンが常にサスペンドとして機能
・“Pause” ボタンはVMメニューに移動


今のところ分かっている問題点としては,いくつかのUSBデバイスが依然として不安定であること,FreeBSD 5.4のインストールで時にハングすること,beta4以前からアップデートするときにはRCをインストールしたあとで再起動する必要があることが挙げられています.

また,これまでのβ版でゲストOSとしてWindows NT/2000/XP/2003をインストールしている場合は,Parallels Toolsをアップデートするように書いてあって,ゲストOSを起動して,メニューの “VM” → “Install Parallels Tools” からインストールして下さいとのことです.

(via:The Unofficial Apple Weblog
Date:2006/05/19(Fri) 10:19:44
Macintosh | Edit | Comment:0 | Trackback:0
Comment
Posted Comment
Comment to This Entry
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
Trackback URL
http://doubleko.blog18.fc2.com/tb.php/1993-bc5207c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Trackback

Powered by FC2. Designed by Double KO.