ふみぃ~.何だか虚しい・・・
既に,4月の時点でVMwareが社内のラボでMac OS X版のVMwareを動かしているという発言が明らかになっているので(関連記事),新しい情報というわけではありません.

Macworld UKによると,今度はVMwareのvice presidentであるRaghu Raghuram氏が(前回はCEOのDiane Greene氏),Virtualization.infoのインタビューに答えたときのやり取りを紹介していました.

このインタビューは,正式版を迎えたParallelsの発表を受けて,市場のリーダーであるVMwareの参入意欲を問うもので,同氏は同社のラボではMac OS X上でVMwareを動かしていると述べたことを明らかにしていました.
このことに関しては将来の発表を待っていて欲しいとも述べています.

VMwareがMacへの対応をすること自体は必然的な流れですが,実用的なレベルまで完成されたParallelsに遅れをとった状態で,どこまでシェアを伸ばすことが出来るかが問題かも知れません.
ご存じの通り,VMwareはこの分野でトップシェアを誇っており,インタビューの中でも20,000もの企業で400万人のユーザを抱えると述べています.

これまでの製品で得たアドバンテージをどれだけ活かした開発を行っているかというところがポイントでしょうか.
単に互換性だけで囲い込みをしようと思っても,Parallelsはそれほど組みやすい相手ではないかもしれません.
Date:2006/06/22(Thu) 22:36:56
Macintosh | Edit | Comment:0 | Trackback:0
Comment
Posted Comment
Comment to This Entry
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
Trackback URL
http://doubleko.blog18.fc2.com/tb.php/2263-14959319
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Trackback

Powered by FC2. Designed by Double KO.