ふみぃ~.何だか虚しい・・・
先日の記事で紹介したスクリーンショットは,「いかにも」って感じでしたが,今回のは少しましです.

Macworld UKによると,Trinity RubicontというサイトでMac OS X 10.5 Leopardのスクリーンショットと銘打たれた画像を公開しているそうです.

leopard01_062406

1枚目の方ではFinderウィンドウにタブが付いていて外観も変わっています.
さらに,メニューバーにはBoot Campと仮想デスクトップのアイコンがあって,dockにはIE7が並んで実際に起動していたり,iCalはアドレスブックと統合されたようなアイコンに変更されています.
それと,“About This Mac” には,(要らないと思いますが)Windowsという項目があります.

leopard02_062406

もう一つの方は,デスクトップを切り替えるときのエフェクトの様子で,中央から穴が開いていって奥に2番目のデスクトップが現れています

あちこちのサイトでいろいろな指摘がされていて,IE7のウィンドウの右側に影がないとか,通常開発版の場合にはOSのバージョンだけでなくビルド番号も付くはずであるとか,そもそもAppleの法務部から削除依頼が来ていないのがおかしいとか....が矛盾点でしょうか?

個人的には,Microsoftが考え直してIE7のMac版を作っているわけもなく,IE7が起動している様子を示しているのは,Mac OS XにWindows APIが組み込まれていることをアピールするためだと思うのですが,それが十分に機能しているのであればメニューバーのところのBoot Campアイコンは不要ではないかと思います.
要するにFakeで,作った人がこれまでのいろんなうわさを詰め込みすぎたために,矛盾が生じている証拠ではないかと...

まぁ,うわさってことで...
Date:2006/06/24(Sat) 03:10:34
Macintosh | Edit | Comment:2 | Trackback:0
Comment
Posted Comment
>Mac OS XにWindows APIが組み込まれていることをアピールするため

本当にそうなるといいですね。Windowsの豊富なソフトウェアがMacのデスクトップに統合されると、夢のようなOSなんですけどね。既にX Window Systemは統合されていますしね。
2006/06/24(Sat) 09:30:21 | URL | かず #5yQUyPVw[ Edit ]
8月
かずさん,いつもどうもです.
たとえFakeでも楽しそうですよね.
のぞき穴効果などはホントにAppleが考えつきそうですし.
8月が楽しみです.
2006/06/24(Sat) 13:36:50 | URL | Double KO #ax4px7aw[ Edit ]
Comment to This Entry
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
Trackback URL
http://doubleko.blog18.fc2.com/tb.php/2274-1612266a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Trackback

Powered by FC2. Designed by Double KO.