ふみぃ~.何だか虚しい・・・
IT Proも同じデータを元に記事を掲載しているのですが,もともとがCNET News.comだしCNET Japanの方が面白いことが載ってました.

「MP3プレーヤー利用調査」の結果の話で,携帯用MP3プレーヤー(最近はあまり見かけませんが原文がそうなので...)が普及してきたとか,実際にはCDからリップした音楽を入れている人が多いとか,その辺りは予想の範囲内(ちなみに調査は米国で行われたものです).

 有料の音楽ダウンロードサービスが立ち上げられたときには、これを主導するのは若者だと考えられていた。しかし実際は異なり、25歳以下のユーザーは音楽のダウンロードに無料のファイル交換ネットワークを利用し続けたとKleinschmit氏は述べる。
 同氏によると、レコード会社を驚かせたのは、25~34歳、35~54歳の層が音楽ダウンロードサービスを一番利用していたことだ。


気になったのはこの記載でこれも予想できなくはないけれど,やっぱり25歳以下のユーザには今の価格でも高いのかと思ってみたり...
あるいは,流行がすごいスピードで移り変わるおかげで音楽が消耗品化してるというか,所有の対象になるっていう気持ちが少ないのかとも思ったり...

アレなんですかね?
場所をとるって怒られながらも未だに大量のCDやレコードまで大事に持ち続けてる私には良く分かりませんが,若い方たちには着うたみたく気楽にダウンロードして気楽に聴ける方がライフスタイルに合ってるんですかね?
それにしちゃあ,着うたって高くない?

うーーん,なんだか年寄りの愚痴っぽい記事になっちゃいました.orz
Date:2006/07/04(Tue) 01:08:08
Music | Edit | Comment:3 | Trackback:0
Comment
Posted Comment
うすうすそんな風には
はじめてのコメント失礼いたします。
そんな気がしてました。若い世代で、特に十代でパソコン持ってるヤツは少ないだろうし、ケイタイなら持ってるから、いくら一曲あたりのコストが高くても、ぼくらの若い頃がそうだったように、一曲に対する執着度が高い気がします。大人になるにつれ、アルバムが出るまでシングルは買わなかったりするけど、若いうちはシングルの鮮度が大事なのだと思いました。
はじめてのコメント失礼いたしました。
2006/07/04(Tue) 20:04:09 | URL | sooky #-[ Edit ]
小生...
Double KOさん、暫くです!
度々記事を取り上げて下さってありがとうございます。

小生、iTMSが大活躍している「3?歳」です。
若い世代にとってはケータイでDLする事の方が身近な様でPCで音楽をDLする事は少ない様ですね。
オイラも職場で聞くと、お小遣いの範囲を遙かに超えてしまうため、PCよりもケータイといった感じの様です。

オイラは「所有する」事が大事なので、やはり基本は「パッケージ」で買う事が大前提ですが、iTMSも重要なファクターです。

「所有する」という所に感覚の違いが出ているのでしょうか...
2006/07/04(Tue) 23:35:10 | URL | retro #93Spc5Yw[ Edit ]
ども
お二人とも,おじさんの愚痴に反応して下さってありがとうございます.

関係ないですけど,「うさぎ」良いですよね.>sookyさん
「子どもと昔話」を買ってみようと思います.
2006/07/05(Wed) 01:06:52 | URL | Double KO #ax4px7aw[ Edit ]
Comment to This Entry
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
Trackback URL
http://doubleko.blog18.fc2.com/tb.php/2345-51e7c8ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Trackback

Powered by FC2. Designed by Double KO.