ふみぃ~.何だか虚しい・・・
米国での話なので日本でどうなっているのかも是非知りたいところですが...

MacDailyNewsによると,Nielsen Soundscanが発表した資料によれば2006年上半期でiTMSの音楽ダウンロード販売が急上昇したそうです.
昨年同期と比較して音楽販売は77%も増加したみたいなのですが,アルバム販売は4.1%下がってしまったんですって.

1400万を超えるフルアルバムがダウンロードされたそうですが,昨年上半期には650万枚と書いてあります(ん?増えてる?).

アルバムの販売が減った理由としては,1つに昨年に比べてビッグヒットが少なかったことが挙げられていますが,ユーザが「つまみ食い」的に音楽を購入しているってのもあるそうです.

確かにダウンロード販売になるとアルバムの存在意義が薄れるのではないかという指摘が当初からありました.
個人的には,シングルよりもアルバムの方がお買い得のような固定観念が残ってますけど,アルバムの中の曲をばら売りしているわけだからその中の気に入った曲のみを買うっていうのもありですよね.

レコードからCDに変わったときにはジャケット写真が小さくなったことがずいぶん悲しかったものですが,CDからオンラインに移行していくとアルバムっていう概念がなくなっていったりするのでしょうか?
Date:2006/07/09(Sun) 21:46:07
iTunes Store | Edit | Comment:0 | Trackback:0
Comment
Posted Comment
Comment to This Entry
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
Trackback URL
http://doubleko.blog18.fc2.com/tb.php/2384-a0aea7ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Trackback

Powered by FC2. Designed by Double KO.