ふみぃ~.何だか虚しい・・・
そもそもメーカーからして異なるもののdual-coreになっただけで3倍とか5倍とかいわれているのに32個もcoreがあったらどれだけ速いんでしょう??

MacDailyNewsTG Dailyの記事が紹介されていて,これによるとIntelは2010年までに32 coreのプロセッサを投入することを目指しているそうです.

project_keifer071206

Coreを数十個搭載したものをmany-coreといいますが,Intelが計画している最初のプロセッサは “Keifer” と呼ばれているもので,32個ものcoreを1つのプロセッサに積んでいて合計128スレッドを処理できるそうです.

発熱の問題があるためクロックはあまり上げることはできないみたいで2.0GHz程度らしいのですが,パフォーマンスは現行のXeon 5100(つまりWoodcrest)の15倍にもなるそうな!
Alan Kay氏のインタビュー記事ではないけれど,速くなった分だけユーザ・エクスピリエンスが向上することを切に希望します.
Date:2006/07/12(Wed) 02:12:40
PC | Edit | Comment:2 | Trackback:0
Comment
Posted Comment
こんにちは。
それだけCPUが速くなるとメモリとかハードディスクとかのI/Oが足を引っ張っちゃいますね。今使っているMacBook ProもCPUは満足してますけどやっぱりディスクアクセスは遅いです。2010年までには記憶装置にもブレークスルーが欲しいですね。なんて、人間の欲望はきりがないです(笑)。
2006/07/12(Wed) 12:37:45 | URL | かず #5yQUyPVw[ Edit ]
フラッシュメモリ
確かにバランスをとりながら技術が進歩しないとどこかがボトルネックになってしまいます.
分からないですけど,2010年頃にはHDDからフラッシュメモリへの移行が少しは進んでいるかもしれないですね.
2006/07/12(Wed) 20:25:51 | URL | Double KO #ax4px7aw[ Edit ]
Comment to This Entry
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
Trackback URL
http://doubleko.blog18.fc2.com/tb.php/2401-790c982c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Trackback

Powered by FC2. Designed by Double KO.