ふみぃ~.何だか虚しい・・・
昨日の昼間には読んでいたのですが,どこを切っても興味深い話の金太郎飴状態だったので書かずじまいで今に至ってしまいました.
既に読んだ方も多いと思いますけど,Apple好きの方は是非ご一読をオススメします.

どの記事のことかというとPC Watchに掲載されている「本田雅一の週刊モバイル通信:PC業界がAppleに学べること」です.

内容は日本通信・最高財務責任者の福田尚久氏へのインタビュー記事なんですけど,福田氏は'93年からアップルコンピュータジャパンに所属し,その後,日本でのマーケティング能力を買われて,Steve Jobs氏がAppleにCEOとして復帰した際に本社のボードメンバーとして招集された人物だそうで,'96年当時かなりの危機的状態から奇跡的な復活を遂げたAppleのサクセスストーリーになっています.

ホントいろんな面白い話が書いてあるのですが,個人的に気になったのは福田氏の2つのコメント.
1つは,「ジョブズ氏は40~50年という長期に渡る事業計画を持っており、現在のAppleはその計画に沿って順調に運営されている」ってもので,もう1つは「ジョブズはWindows搭載PCを超えるシェアを取ることに興味がなかった」というもの.

先に後者からいくと,Jobs氏がAppleの目標として最高のコンピュータを創りたいんだと語ったりするのはよく知られていますが,この発言はこのあたりの気持ちからきている純粋なモチベーションなのかもしれません.

そして前者のコメントですが,Jobs氏の年齢は現在51歳で40~50年先といったら90歳とか100歳になっている頃です(この記事にも出てくるAppleの最大の恩人,Bill Gates氏はあと2年で引退することを発表しました).
ご本人がCEOをどこまで続けることができるのかはわかりませんけど,Appleがこれから先も数十年というスパンで革新的な製品やサービスを提供し続けてくれると思ったら何だかワクワクしてきますね.
Date:2006/07/12(Wed) 02:40:54
Apple | Edit | Comment:0 | Trackback:0
Comment
Posted Comment
Comment to This Entry
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
Trackback URL
http://doubleko.blog18.fc2.com/tb.php/2402-5da34996
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Trackback

Powered by FC2. Designed by Double KO.