ふみぃ~.何だか虚しい・・・
最初に断っておきますけどMac版のことではありません.

MicrosoftがVirtual PC 2004 (Service Pack 1) のフリーダウンロードを開始していました.
それと同時にWindows VistaをサポートするVirtual PC 2007も無料で提供するとも発表しています.

FreeVirtualPC071306

MicrosoftはこれまでにもVirtual Server 2005 R2 Enterprise Editionをフリーで提供していますから,仮想化技術に関しては無償公開の方向に進むのでしょうか?

個人的に気になるのはVirtual PC for Macの行方です.
Universal Binary版の開発がどの程度まで進んでいるのかは明らかにされていませんが,Parallels Desktop for Macの完成度もなかなかですし,大きなシェアを占めそうな気配があれば無償で配布することもあり得るのかも?

うーん,困ったときの買収やバンドルないし無償公開がMicrosoftの常套手段とはいえ,ホントにそうなったらどうする?>Parallels

(via:the INQUIRER

<追記>
MYCOM JOURNALがこの話を伝えていました.
それと記事を書いた時点では公開されていなかった日本語版も公開されてます.

また,MYCOM JOURNALの別の記事ではこの分野でトップシェアを誇るVMwareも “VMware Server” の正式版を同じく今日から無償で配布開始したそうです.
こちらの方がゲストOSの種類も多く機能的にも優れている点がいくつかあります.

どうやらVMwareの無償配布にMicrosoftがタイミングを合わせてきたということのようですね.
Date:2006/07/13(Thu) 02:00:30
PC | Edit | Comment:2 | Trackback:0
Comment
Posted Comment
こんにちは。
インテルMac版のVirtualPCについても「研究している」とコメントしていますから、開発費に比べてWindowsの売り上げ増の方がおいしいと思えば、無償配布もあり得る話ですね。BootCampとParallelsのおかげで随分とWindowsを売ったのではないでしょうか、MS。
2006/07/13(Thu) 09:13:02 | URL | かず #-[ Edit ]
ゲストOS
かずさん,どうもです.
Parallelsのベータテスターだけでもスゴイ数でしたからね.
だけど無償で配ってもサポートするゲストOSはWindowsのみだったりするところがせこい.
2006/07/13(Thu) 23:33:12 | URL | Double KO #ax4px7aw[ Edit ]
Comment to This Entry
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
Trackback URL
http://doubleko.blog18.fc2.com/tb.php/2412-9f72d531
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Trackback

Powered by FC2. Designed by Double KO.