ふみぃ~.何だか虚しい・・・
昨日の発表以来MicrosoftのZuneがあちこちで話題になっていますが,かなり客観的な考察がCNET News.comに掲載されていました.
タイトルは “Zune could kill Microsoft partners, not iPod” というもので,ZuneはiPodではなくMicrosoftがこれまで音楽配信ビジネスのパートナーと公言していたメーカーにとってキラーデバイスになるという内容です.

zune_logo071206

これまでMicrosoftはiPod対抗機の開発に関するうわさを否定する際に,音楽配信ビジネスでは優れたパートナーが存在するため自らが参入する必要はないという説明を繰り返してきました.
にもかかわらずZuneを発表するということは,このパートナーシップの否定を意味します.

記事によれば,少なくとも発表当初はiPodからシェアを奪うよりもむしろこれらのパートナーのシェアを奪うことになると推測しており,Creativeといった2番手のメーカーなどが真っ先に被害を被ることになると書いてあります.

ここで思い出されるのがMicrosoftのiPod対抗機に関するApple CEO,Steve Jobs氏のコメントです(関連記事).
この時Jobs氏はむしろMicrosoftのiPod対抗機を歓迎し煽るような発言をしていました.
既に市場で確固たる地位を獲得しているAppleにとっては,Microsoftの参入によって市場が活性化する方がメリットが大きいという判断なのかも知れません.

一般的に新しい市場が開拓されるとそこに参画する企業の数は当初指数関数的に増えていきますが,その後淘汰されていき寡占状態や複占状態というプラトーに達します.
YOMIURI ONLINEのデータからも分かるようにデジタル音楽プレーヤー市場は少し前から淘汰の時期を迎えており,Microsoftのような大企業だからこそ新規参入が可能であったようなものの「時すでに遅し」という感は否めません.

Microsoftの参入によってAppleのシェアが減少する可能性がないとはいいませんが,その影響はApple以外のメーカーの淘汰を加速させる方向へより強く表れるのはないかと思ってみたり...

たぶん大丈夫だと思うけど...ガンバレ,Sony!!
Date:2006/07/23(Sun) 21:38:08
iPod/iPhone | Edit | Comment:0 | Trackback:1
Comment
Posted Comment
Comment to This Entry
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
Trackback URL
http://doubleko.blog18.fc2.com/tb.php/2483-b998614f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Trackback
MicrosoftのiPod対抗機が発表されたらしい。iPodに対抗するハードウェアだけでなく、iTunesに対抗する関連ソフトウェアを今年中に提供するとか。 「満を持して」という事なんでしょうか?それにしても参入するのが遅すぎるような気がしてなりません。 ずいぶん前の次期O
2006/07/23(Sun) 23:17:08 | Happy Mac

Powered by FC2. Designed by Double KO.