ふみぃ~.何だか虚しい・・・
一昨日の記事で書いたようにAMDはカナダのGPUメーカー,ATIを買収しました.
このことがIT業界にどんな影響を及ぼすのかということがあちこちで話題になっています.

MYCOM JOURNALは「米AMDのATI買収、その狙いは「モバイル/家電分野」でのシェア拡大か」という記事でその目的と今後の展開について考察していて,目的としてはIntelが推し進めるようなプラットフォーム戦略をとるためにグラフィックチップのセット販売を可能にするためであると書いてあります.

Intelは自社製の内蔵グラフィックチップを用いてチップセットを提供していますが,AMDはこれまでチップセットビジネスには進出しないという立場であったため特にノートPCでおくれをとる原因になっていました.
その辺りのことはITmediaにも詳しく記載されていて,チップセットの分野で優れているATIを選択したとも考察してあります.

また,プラットフォーム戦略以外の効果としてはCPU/GPU統合チップの開発も期待されているようです.
現在のdual-coreはそのうちmulti-core,many-coreへと向かっていくわけで,その中にグラフィックに特化したコアを内蔵するというのが1つの方向性になると考えられています.

Intelが追いつかれないためにNvidiaを買収したりするのかということに関しては,ITmediaの「IntelのNVIDIA買収の可能性は?」で触れられていますが,今のところその必要はないのではないかという見方をしているみたいです.

ここまではPC全般の話でMacにもあまり関係ないのかと思っていたら,そうでもないって話がMacDailyNewsで紹介してありました.
これまたO'Grady氏がZDNet.comに書いている記事で,これによるとIntelはATIのチップセットバスライセンスを更新しないとアナウンスしたそうです.

現在のIntel Macに搭載されているグラフィックチップはMacBookMac miniがIntel GMA950で,MacBook ProiMacにはATIのMobility Radeon X1600が採用されています.
O'Grady氏の意見としては,2007年からはMacにはATIのグラフィックチップは使用されず,NvidiaかIntelのものが載るのではないかと考えておられるみたいです.
Date:2006/07/26(Wed) 22:28:50
PC | Edit | Comment:2 | Trackback:0
Comment
Posted Comment
ATI の chipset bus license を更新しないというのは、イコール、Intel が Intel の FSB の使用権を ATI に認めないということであって ATI が Intel 用のチップセットビジネスができるなくなることを意味しますが、X1600 などは PCI Express という PCISIG の規格に従っている訳ですから今まで通り Intel マシンで ATI も使えるし、Apple からも ATI のグラフィックスを載せたマシンを提供できると思います。
2006/07/26(Wed) 22:48:11 | URL | rpf #-[ Edit ]
大丈夫
rpfさん,いつもありがとうございます.
一応分かっていますよ.(笑)
元ネタもそれが原因で供給が不可能になるといっているわけではなく,Intelが暗に使わないように仕向けるのではないかと書いてあります.
書き方が悪いのでいつも誤解されるんですよねぇ...反省...orz
2006/07/27(Thu) 01:43:01 | URL | Double KO #ax4px7aw[ Edit ]
Comment to This Entry
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
Trackback URL
http://doubleko.blog18.fc2.com/tb.php/2511-72bbd584
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Trackback

Powered by FC2. Designed by Double KO.