ふみぃ~.何だか虚しい・・・
以前からMicrosoftの仮想化ソフトVirtual PCのUniversal Binaryについては気になっていて,昔の記事でも依然として調査段階であることをお伝えしました.

で,ついにMicrosoftの判断が下されたそうです.
その判断とは...「開発中止」になるとのこと!!
やっぱりねぇ,って感じですね.

Parallelsの人気に加えて,VMwareがMac用仮想化ソフトのリリースを発表した(関連記事)ことが影響したのは容易に推測できます.

このことを伝えたApple Insiderに載っていた記事とほぼ同様の内容がCNET Japanに掲載されています.

これによると...

 Microsoftは7日に声明を出し、「Universal版Virtual PCの開発については現時点では開発しないことに決定した」と述べている。


現時点ではというのが引っかかりますねぇ.
もしかして,本気でParallelsを買収したりして...

ちなみに,「IntelベースのMacでも、顧客がWindowsアプリケーションを使う必要があることは認識しているが、Appleなどのベンダー各社が提供する各種代替ソリューションと、市販のWindowsのフルパッケージを組み合わせれば、そのニーズを満たせるものと確信している」とも述べています.

さらに,この記事はUniversal Binary版のOfficeの話にも触れていて,現時点でほとんどのコードの移植が完了しているものの出荷時期については明言しなかったそうです.

今のところVirtual PCがなくともParallelsがあるし,Universal BinaryのMicrosoft Office for MacがなくともRosettaを使えばそれなりに快適なので無問題なのですが,昨日の基調講演でもあれだけやり玉に挙がっていましたし,Microsoftとしても微妙な距離を保とうとしているって感じがする今日この頃です.
Date:2006/08/08(Tue) 16:26:44
Macintosh | Edit | Comment:0 | Trackback:1
Comment
Posted Comment
Comment to This Entry
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
Trackback URL
http://doubleko.blog18.fc2.com/tb.php/2605-cde0a2f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Trackback
OfficeやMessengerもユニバーサル化されるようですね。 Macworld: News: WWDC: Microsoft updates Universal status of Mac apps Microsoft's Mac Business Unit (MacBU) also offered an update on the Universal binary development status of several Mac applications i
2006/08/08(Tue) 20:02:42 | EarlGrey Tearoom

Powered by FC2. Designed by Double KO.