ふみぃ~.何だか虚しい・・・
この記事でお伝えした脆弱性に関するものなのかどうかは不明.
Apple Insiderによると,Appleが今年になって5回目となるSecurity Update 2006-005と今年初めてのAirMac Update 2006-001を公開したそうです.

Appleからの情報によると,これらのアップデータによって,ワイヤレスネットワークを介した脆弱性3件が修正されるそうですが,ハードウェアの対象がPPC搭載機とiMac(PPC,Intelとも),Mac Proだったり,Intelプロセッサを搭載したMac miniとMacBook,MacBook Proのみだったりしますし,対応OSも10.4.7と10.3.9のものがあるなどややこしい状況になってます.

もっとも,ソフトウェアアップデートであれば,環境にあったものを自動的に提供してくれるので悩む必要はないのですが...
一応,ダウンロード先は下記の通り.

 ・Universal version of Mac OS X 10.4.7
 ・Mac OS X 10.4.7 PowerPC
 ・Mac OS X 10.3.9
 ・AirMac Update 2006-001

Apple Insiderによれば,Security Update 2006-005が名前の通り脆弱性に関連していて,AirMac Update 2006-001の方はワイヤレス接続の信頼性を向上させるそうです.

<追記>
冒頭の疑問に答えてくれる記事が,Macworldに掲載されていました.
これに関連した別の記事でも,この脆弱性を報告したSecureWorksの用いた方法に問題があることはお伝えしましたが,今回の脆弱性もAppleの内部調査によって明らかになったものであり,今現在いかなる実証コードも存在しないそうです.
Date:2006/09/22(Fri) 18:18:40
Macintosh | Edit | Comment:0 | Trackback:0
Comment
Posted Comment
Comment to This Entry
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
Trackback URL
http://doubleko.blog18.fc2.com/tb.php/2892-6a58f8da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Trackback

Powered by FC2. Designed by Double KO.