ふみぃ~.何だか虚しい・・・
数日前に紹介したInternal Build(関連記事)の時にメモリの制限がなくなり,少しだけビルド番号が上がったものがRC2として公開されています.

Parallels Desktop for Mac Update RC2の主な変更点は,Mac Proや新しいiMacで64-bitでも特別な設定なしに動作するようになったことと,2GBのメモリ制限が外れたことです.
その他の変更点は以下の通り.

・Mac OS X 10.5 Leopardの開発者版との互換性
・Windows Vistaの実験的なサポート
・ゲストOSがSolarisの時,サスペンドやリジューム後のハングアップを修正
・Parallels Tools packageの改良
・OpenBSD 3.8をフルサポート
・仮想マシン内でG4U hard disk cloning toolが動作
・ビデオアウトプットがさらに改善され高速化
・USBデバイスの追加
・キーボードサポートの改善
・Windowsとのキー配列の違いをサポート
・仮想ディスクキャッシュオプションの追加(Mac OS X優先かゲストOS優先)
・動作の最適化
・Image Toolの修復
・サスペンド/リジューム機能のためのディスクキャッシュを最適化
・Windows MEのサスペンド/リジュームを修復
・共有フォルダの初回アクセスが高速化
・クリップボードシンクロナイズドツールの修正
・サウンドの再生・録音の改善
・仮想マシン起動時の “Unable to allocate virtual memory” エラーを修正


と,これまで細かく公開されていたUpdate RC2のβ版(複雑だなぁ...)の修正をまとめた内容になっています.
で,次はUpdateの正式版になるのかな?

Update RC2のダウンロードはこちらから!

(via:The Mac Observer
Date:2006/09/29(Fri) 20:31:47
Macintosh | Edit | Comment:0 | Trackback:0
Comment
Posted Comment
Comment to This Entry
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
Trackback URL
http://doubleko.blog18.fc2.com/tb.php/2939-5053828f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Trackback

Powered by FC2. Designed by Double KO.