ふみぃ~.何だか虚しい・・・
少しお粗末な感じもしますが,Tigerの時に一度は塞いだ脆弱性が,Leopardになって復活したらしい.

ITmediaによると,Appleが2006年に修正したはずのMail.appのセキュリティ問題がMac OS X 10.5 Leopardで復活しているそうです.
これが悪用されることによって,攻撃者がメールに不正コードを挿入することが可能になるらしく,悪意のあるコードを単なるJPEG画像ファイルに見せかけて,知らずにダブルクリックするとTerminalが開かれてシェルスクリプトが実行されるそうです.

報告されたのが11月20日で,すでにMac OS X 10.5.1のアップデータは出ていたことから,最新のバージョンでも修正されていないものと思われます.
ということで,今のところの対処方法はアヤシイ添付画像を開かないこと.
Date:2007/11/22(Thu) 00:23:12
Macintosh | Edit | Comment:0 | Trackback:0
Comment
Posted Comment
Comment to This Entry
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
Trackback URL
http://doubleko.blog18.fc2.com/tb.php/3110-6fd20b06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Trackback

Powered by FC2. Designed by Double KO.