ふみぃ~.何だか虚しい・・・
Electronistaによると,S3200と呼ばれていた次世代のFireWire規格を発表したそうです(発表資料).
現行のFireWire 800の転送速度は800Mbpsであり,新しい規格はその4倍の3.2Gbpsになるそうです.

新しい規格になってもロスがないのが特徴で,USBに比べてプロセッサのオーバーヘッドがほとんどなくピークに近い処理を長時間行うことが出来るそうです.
また,USBや外部シリアルATAよりも多くの電源を供給できるためケーブル長を長くすることも可能だとか.

最初はストーレッジに使われる見込みですが,家電にも有用であると書いてあって,この速度であれば圧縮していないHD信号もHDMIより安価で長距離転送できるみたいです.

利用可能な時期については,1月から評価を開始して2月の始めには完了したいとしていますが,出荷は来年の後半になる見込みだそうです.
ただ,FireWire 800を採用しているメジャーなコンピュータ企業はAppleだけであることが,普及に際しての不安材料みたいですね.

Appleもハイエンドマシンには採用する可能性があるでしょうから,Mac ProやMacBook Proには来年の終わりぐらいには搭載されるのかもしれません.
Date:2007/12/17(Mon) 03:45:12
Macintosh | Edit | Comment:4 | Trackback:0
Comment
Posted Comment
こんにちは。

最近Time MachineのためにFireWire 800のドライブを購入してその速度に感動しているのですが、FW800ですら対応機種が少なくて高価であることからプロユース以外にはほとんど普及していないのに、3.2Gbpsの速度は魅力的ながら価格が不安ですね。

記事のように家電に採用されれば一気に価格が下がる可能性があるので期待したいです。
2007/12/17(Mon) 18:26:54 | URL | かず #5yQUyPVw[ Edit ]
家電
かずさん,いつもどうもです.

私のところではサーバの外付けにしかFireWire 800をつけていないので直接恩恵を受けることはあまりないのですが,たまにサーバをいじってると確かに速いと実感できます.

最近の家電のことはよく知りませんけど,あまり普及しそうにない気が...
2007/12/17(Mon) 19:23:56 | URL | DoubleKO #ax4px7aw[ Edit ]
どうもです!
オイラはUSBと比べるとCPUパワーにあまり影響しないFireWireが好きです。
今でもiPodが5世代目になってこのFWを切り捨てた事に疑問を感じています。

プロユース向けとのイメージがある「FW800」ですが、一つ前のiMacから導入されたことにより普及すると思っていましたが、実情はそうでも無い様ですね。

オイラがiMac(mid2007)でLeopardを使う事によりTime Machineを使うにあたってFW800が付いたHDDケースを買って手持ちのHDDを入れて使っています。

やはり早い。
お値段はUSBのHDDよりも高いですが、この速さには勝てません。
しかもマシンスペックにそんなに依存しない。
もっと普及しても良さそうな気もするんですけどね...

家電系やWindowsPCには「iLink」という名前で使われていますが、実際はあまり普及していない様ですね。

でも「3.2Gbps」という無駄に早い転送速度ですが、かなり魅力的...f(^^)


2007/12/17(Mon) 21:57:53 | URL | retro #93Spc5Yw[ Edit ]
Retroさん,毎度です.

私も外付けHDDは出来るだけFireWire接続のものにしています.
おっしゃるとおり,その方が速いし安定してますね.

3.2Gbpsっていうのがスゴイ速そうなのは分かるんですけど,家電ってのはここまでの転送速度はいらないものなんですか?
2007/12/18(Tue) 05:00:00 | URL | DoubleKO #ax4px7aw[ Edit ]
Comment to This Entry
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
Trackback URL
http://doubleko.blog18.fc2.com/tb.php/3257-a59c34f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Trackback

Powered by FC2. Designed by Double KO.