ふみぃ~.何だか虚しい・・・
MacのCPUがIntelに移行したおかげで,MacでWindowsを動かすいろんなソリューションが登場しました.
いろいろ登場してくると結局どれが良いの?っていう疑問が生じるわけですが,その一つの目安としてベンチマークで比較した記事がMacTechに掲載されています.

ベンチマークを取ってあるのは,Boot Camp,Parallels DesktopVMware Fusionの3つで,使用機種はMac Pro,MacBook Pro,MacBookの3機種.
基準値としてWindows XPをインストールしたフツーのWindowsノートも計測してあります.

詳細は上記リンクを参照していただくとして,まとめるとこんな感じ.

Windows XP(基準PCとの比較)
 Boot Camp:12%高速
 Parallels:19%高速
 VMware:1%高速

Windows Vista(Boot Campとの比較)
 Parallels:110%低速
 VMware:46%低速
 (ParallelsはVMwareよりも44%低速)


この結果に基づくとWindows XPを使うならParallels Desktop,Windows Vistaを使うならVMwareあるいはBoot Campが速度的なメリットがあるようです.

ただし,結論のところには以下のように書いてあります.
結局何を選ぶかは自分が必要とする特徴しだい.
Mac環境とWindows環境が統合されている必要がないのであれば,間違いなくBoot Campがオススメ.

仮想化ソフトが必要であれば,Windows VistaではなくWindows XPを使う方が良くて,Windows XPに適しているのはParallels Desktop.
Parallels DesktopはWindows環境を透過的に使いたい人にもオススメ.

仮想化環境が必要で,Windows Vistaを使いたいのであればVMware Fusionがオススメ.

あとは価格の話で,Boot CampはもちろんLeopardに標準で搭載されていますのでエクストラコストはかかりません.
残りの2つはいずれも$79.99です.

まぁ,いずれも優れたソフトであると評してあるので,あとは自分のお好みで...
それと古い記事ですが,こちらにもベンチマークが載っています.

(via:MacRumors
Date:2007/12/20(Thu) 23:01:22
Macintosh | Edit | Comment:0 | Trackback:0
Comment
Posted Comment
Comment to This Entry
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
Trackback URL
http://doubleko.blog18.fc2.com/tb.php/3283-387309b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Trackback

Powered by FC2. Designed by Double KO.