ふみぃ~.何だか虚しい・・・
毎年のことなので今さら驚くような話でもありませんが,同社の幹部は給料を上げるように提案したという話は見かけたものの,結局説得には失敗したということですかねぇ.
米国証券取引委員会にAppleが提出した書類によると,2007年のSteve Jobs氏の年俸はこれまでと同様1ドルだったことが明らかになったそうです.

元ネタではJobs氏にリクルートを申し出ていて,彼が働いてくれるなら「倍」の給料を出すとまでいってます.
まぁ,たったの2ドルですけど...

それと,MacNNには他の幹部の給料とボーナスも載っています.

別にお金に困ってないといえばそれだけの話かもしれないけど,何でなんでしょうねぇ...
自らが設立した会社を追い出されたことや,自分が不在の間に同社が低迷していたことへの償い?
それともこれらの経験を元に自分が成長できたことへの感謝?

いまさら「やっぱり今年からはフツーに給料ちょうだい」とはいえないのかもしれませんけど,これだけAppleの成長に貢献しているんだから相応の報酬を受け取ればいいのに...
カリスマの考えることは分かりませぬ.

(via:The INQUIRER

<追記>
Appleがこれらの情報をオンラインで公開したと発表していました.
こちらから閲覧可能になってます(Jobs氏の年俸が書いてあるのは一番上のPDF).
Date:2008/01/24(Thu) 07:56:11
Apple | Edit | Comment:2 | Trackback:0
Comment
Posted Comment
年俸1ドル。毎年のことですけど、聞くたびにふっと笑みがこぼれます。「ハングリーであれ、バカであれ」。この言葉は伊達じゃなく、ジョブズの中に確かに存在しているんでしょうね。
2008/01/24(Thu) 12:58:29 | URL | kt #-[ Edit ]
スピーチ
ktさん,コメントありがとうございます.

私もこの話を見かけるとJobs氏のスピーチを思い
出します.
やはり何かの思いがあってのことなんでしょうねぇ.
2008/01/25(Fri) 02:59:33 | URL | DoubleKO #ax4px7aw[ Edit ]
Comment to This Entry
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
Trackback URL
http://doubleko.blog18.fc2.com/tb.php/3486-0c01f54b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Trackback

Powered by FC2. Designed by Double KO.