ふみぃ~.何だか虚しい・・・
iPhoneで初めて実用的なマルチタッチ技術を実装した製品が世に出たわけですが,もう2年も前に紹介した記事でも触れたように研究レベルではいろいろな試みが行われていました.



AllThingsDにマルチタッチ技術に関するコラムが載っていて,Appleを始めとしてSynapticsやMicrosoftなどの取り組みが紹介されています.
マウスに取って代わるようになるまでにはまだ時間がかかるかもしれませんが,記事の最後にもあるように今後いろんなところでこの技術を見かけるようになるでしょう.
その時に心配なのはマルチタッチの文法だったりします.
先進の技術が多くの競合メーカーでそれぞれバラバラに開発され,互換性がなくってしまうためにユーザが混乱するっていうのは良くあること.
最終的には収束するにしてもです.

現にスクロール1つとっても順方向だったり,逆方向だったりしますし,AppleがiPhone/iPod touchに実装しようとしているコピペのジェスチャーにしても,より自然な操作を模索しているから遅れているという話もあります.

個人的にはこの技術に一番可能性を感じるのは人に優しいこと.
このインターフェースなら障害を持った方でも今よりも楽に操作ができるかもしれません.
そのためにも操作は出来るだけシンプルで理解しやすいものが良い.

既に規格を統一するための試みが行われているのかもしれないし,逆に特許などの関係で統一することが困難な状況なのかもしれませんが,せっかくこれだけの可能性を秘めた技術なんですから,出来るだけ直感的な操作に統一されて,ユーザを無意味に混乱させることなく普及していって欲しいものです.

(via:MacDailyNews
Date:2008/02/02(Sat) 08:03:17
iPod/iPhone | Edit | Comment:0 | Trackback:0
Comment
Posted Comment
Comment to This Entry
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
Trackback URL
http://doubleko.blog18.fc2.com/tb.php/3548-1d6e1791
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Trackback

Powered by FC2. Designed by Double KO.