ふみぃ~.何だか虚しい・・・
ASCII.jp「ベンチマークでは測れない! ユーザーだけが知りうる魅力」という副題のついたMacBook Airのレビュー記事が掲載されています.
以下のように見出しをピックアップすると分かるように,実際に使った人の視点から書かれていて一般ユーザの感じ方に近い内容になっています.

  • 箱から出すことさえ上質なエクスペリエンス

  • すこぶる高いボディーの剛性感

  • 64GBのSSDで使えるのは55.58GB

  • SSDの差額に価値はあるのか?

  • 薄さのメリットを長時間使用で再認識

  • 「テーパード・デザイン」の功罪

  • 発熱について

  • 拡張性やHDD容量は無線LANでカバー可能、「簡便なデータ移行」の実現に期待

開封するところでは蓋を開けるといきなり本体にご対面できるとか,iPodよろしくクリーナークロスが入っているという話が出てきます.
また,容量を節約するにはよく行われる手段ですが,プリンタドライバと言語ファイルを必要に応じて外していき,もともと38GBの空き容量を40GB超まで確保されたそうです.

SSDのメリットに関する話では,やはりディスクアクセスの多い操作ではもたつきが少ないことを実感できるらしく,そういった作業を行うことが多い方には恩恵があるのではないかと書いてありますが,オススメなのはHDDモデルの方みたいです.

それと個人的に気になっていた熱に関しては,『「熱い・うるさい・重い」といった三重苦からついに解放』と書かれていて,これまでのノート型Macとは異なる快適性が体感できるのかもしれません.
Date:2008/02/14(Thu) 09:03:59
Macintosh | Edit | Comment:0 | Trackback:0
Comment
Posted Comment
Comment to This Entry
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
Trackback URL
http://doubleko.blog18.fc2.com/tb.php/3619-0d0a5dea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Trackback

Powered by FC2. Designed by Double KO.