ふみぃ~.何だか虚しい・・・
Mac OS Xではファイルの「情報を見る」から拡張子を確認したり,表示の有無を切り替えることが出来ます.
そもそもMac OSには拡張子はなかったわけですが,Windowsとのファイルのやり取りなどの都合もあって今では標準的に採用されています.

このあたりのことは紆余曲折あってややこしいのですけど,ASCII.jpの「拡張子とアプリケーション」にこれまでの経緯がどうなってるかどうなっているかという説明と,今のMac OS Xで拡張子がどのように扱われているかが書いてありました.

この中にも出てくるように,Macはもともとファイルの種類を「タイプ」,開くためのソフトを「クリエータ」といわれる情報で管理していて,ファイルを開くときには拡張子よりも優先されます.(追記:正確にはOSのバージョンなどによっても違うようですし,別の識別子もあってもっと複雑でした)

Creator022508

昔ならResEditなどでこれらの情報を変更していたのですが,クリエータの方はデフォルトで開くアプリケーションは簡単に変更することが出来て,上図の「このアプリケーションで開く」のところに開きたいアプリケーションを設定するだけ.
たとえ白紙アイコンになっても正しいアプリケーションで開くことが出来るのはこれがあるためなので,書類が開けなくなったときにはここを設定しても直すことが出来ます.

それと,特定の拡張子のファイルを常に決まったアプリケーションで開きたいときには(例えばPDFを開くデフォルトアプリケーションをAdobe Readerに変更したいとか),その下にある「すべてを変更」を押すとまとめて設定することが出来ますよ.(>Iさん)
Date:2008/02/25(Mon) 12:59:24
Macintosh | Edit | Comment:3 | Trackback:0
Comment
Posted Comment
拡張子優先、でしょう。
2008/02/26(Tue) 10:00:12 | URL | Y #22hNL7Yc[ Edit ]
拡張子は
うっかり消しちゃうと白紙アイコンになったりするので嫌いです。
2008/02/26(Tue) 23:08:49 | URL | Ran #-[ Edit ]
優先順位
Yさん,ご指摘どうもです.

良く分かってなかったのであらためて調べてみました.
OSのバージョンによって違うのかもしれませんが,「クリエータ>拡張子>ファイルタイプ」の順番みたいです.
もしかすると今はクリエータが別扱いになっているのかもしれません.
それと私がクリエータを変更していると思っていたのはもっと複雑なもののようで,実はこいつが一番優先されるみたいですね.
その辺りは時間が取れたときに改めて...
間違えてるところは修正しておきます.

Ranさん,こんばんは.

のっぺらぼーも良いもんですよ.(そうでもないかぁ...)
多くの場合ちゃんと正しいソフトで開かれるし.
Leopardでアイコンの代わりに勝手にサムネイルが貼り付けられるのが良かったり悪かったりです.
2008/02/27(Wed) 01:42:17 | URL | DoubleKO #ax4px7aw[ Edit ]
Comment to This Entry
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
Trackback URL
http://doubleko.blog18.fc2.com/tb.php/3682-9f26269e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Trackback

Powered by FC2. Designed by Double KO.