ふみぃ~.何だか虚しい・・・
もともと発表されたときには,Time Capsuleに内蔵されたHDDは当然Time Machineで利用できるものの,それにUSB接続されたHDDはAirDiskとしてしか使えないという話になっていました.

しかし,Macworldによると,Time Capsuleは新しいバージョンのAirMac Utility 5.3で設定するようになっていて,Time CapsuleにUSB接続されたドライブにTime Machineのバックアップを取ることが出来ることが分かったと書いてあります.

この中に入ってるファームウェアがポイントのような気がしますが,AppleとしてはTime Capsuleも売れてくれないといけないでしょうし,既存のAirMacにも新しいバージョンのファームウェアを提供して同等の機能を追加するのかどうかは分かりません.

いずれにしても,Time Capsule内蔵のHDDだけで心許なければ後から追加することは出来るので,取り敢えず500GBモデルで...っていうのもありですね.

それと,既にTime Capsuleのバラシも行われていて,ホントにサーバグレードのHDDなのかという疑問があがっていましたが,Mac Rumorsによると「故障までの平均時間(MTBF)」が通常より長いもので,Xserveなどでも同じものが使用されているそうです.

(via:The Unofficial Apple Weblog
Date:2008/03/03(Mon) 06:44:58
Apple | Edit | Comment:0 | Trackback:0
Comment
Posted Comment
Comment to This Entry
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
Trackback URL
http://doubleko.blog18.fc2.com/tb.php/3710-67126380
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Trackback

Powered by FC2. Designed by Double KO.