ふみぃ~.何だか虚しい・・・
iPhone SDKの発表からその内容が少しずつ明らかになってきています.
その中でも一番取り上げられているのが「サードバーティー製のアプリケーションは一度に1つしか動作せず,バックグラウンドでも動かない」というもの.

一番最初に見かけたのはTechCrunchTechCrunch Japanese)で,他にもGIZMODOMac Rumorsが記事にしています.

iPhone/iPod touchでマルチタスクをこなすことは可能なはずなのに,どうしてこんな制限があるのかははっきりしませんけど,別のところには「あるアプリケーションはそれ自体をインストールしたり他の実行可能なコードを立ち上げたりすることは出来ない」とも書いてあるようで,Mac Rumorsが推測するようにマルウェア対策の1つなのかもしれません.

これらによってどんなアプリケーションが制限を受けるかと言うことも書いてあって,IMやVoIP,GPSマップソフトなどがバックグラウンドで動かないので,これらのソフトを使っていて電話がかかってきたりしちゃうとその時点でオフライン扱いになるかもしれないし,昨日の記事で書いたSunのJava開発プランやiPhone用のPC Emulator(←こんなものまで開発される予定なんですね!)なども技術的に難しいのではないかとも書かれています.

β版での具体的な制限は良く分かっていないところもありますし,正式版では最終的な仕様が変更されるのかもしれませんが,セキュリティには十分配慮した上で有用なソフトウェアの開発は妨げられないようなものになって欲しいものです.

また,この話題以外ではiPhone Atlasがいくつか記事を掲載していて,iPhone OS 2.0にはBonjourやSafariのフルスクリーンモードや新しいCSSのサポートが含まれているとか(参考記事),iPhone SDKに含まれるiPhone OSのバージョンは1.2で,コードネームは“Aspen”と呼ばれるとか(参考記事),HTML 5に準拠した機能が採用されているとか(参考記事),iPhone SDKにWebアプリケーション作成に対応したDashcodeの新しいバージョンが同梱されている(参考記事)などという情報が掲載されています.
Date:2008/03/10(Mon) 01:51:42
iPod/iPhone | Edit | Comment:0 | Trackback:0
Comment
Posted Comment
Comment to This Entry
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
Trackback URL
http://doubleko.blog18.fc2.com/tb.php/3747-9ee1a65e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Trackback

Powered by FC2. Designed by Double KO.