ふみぃ~.何だか虚しい・・・
少し前にBusinessWeekでAppleのデザインがどのようなプロセスで決定されるのかという内容の記事が紹介されていました.
これはSXSWでAppleのシニアエンジニアリングマネージャのMichael Lopp氏が語ったものだそうです.

あの好奇心を刺激するようなAppleのデザインはこうやって決まってるみたい.

  • 細部まで完璧なモックアップ
    これは膨大な作業で,ものすごく時間がかかる.
    しかし,はじめ時間がかかっても全ての曖昧さを取り除くことで,あとあと間違いを修正する必要がなくなる.

  • 10から3へ,そして1へ
    Appleのデザイナはいかなる新機能でも10個の全く異なるモックアップを作成する.
    3つのものを作るためには7つ用意すれば良いように思えるし,これは他のところでも一般的に実践されている.
    Appleは10個のデザインを制限なしに作って,まずは3つに減らす.
    それから数ヶ月かけて最終的に3つから1つの強力なデザインを決定する.

  • 対をなすデザインミーティング
    これはとても興味深い.
    毎週,開発チームは2つのミーティングを開く.
    1つはインスピレーションをかき立てるためのもので,制約を忘れ自由に考えることによって,Lopp氏曰く「クレイジー」になるためのもの.
    もう1つはプロダクションミーティングで,完全に別のものであるもののもう一方のアンチテーゼであるミーティングと同様に定期的に開かれる.
    ここでデザイナーとエンジニアがクレイジーなアイデアが実際に動作するのかどうか,全てについて詳細に検討されることが必要となる.
    この過程と組織はあらゆるアプリケーションの開発過程を通じて続けられるが,もちろんアプリケーションの進行状況によってバランスが変わる.
    しかし,最後の段階までクリエイティブな思考を維持するためのオプションは本当にスマートです.

  • ポニーミーティング
    新しいアプリケーションに求めるものをアウトラインで示す.
    「WYSIWYGが欲しいとか,主要なブラウザでサポートしたいとか,会社の精神に反映させたいとか...」
    要は些細なことでも考えたことや望んだことを書き記すということが大事で,たとえ見当違いでも各々がチェックしたことをサインすることで無視されることがなくなる.

このようなソリューションによって,対となるデザインミーティングから最善のアイデアを採用することが出来て,しょうもない間違いをなくす助けになるということみたいです.

いろいろ興味深いところがありますが,大事なのは「いかにして既成概念にとらわれずイノベーションの芽を現実のものにするか」ってところを大切にしてるということですかね.

(via:Mac Rumors
Date:2008/03/17(Mon) 06:37:09
Apple | Edit | Comment:0 | Trackback:0
Comment
Posted Comment
Comment to This Entry
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
Trackback URL
http://doubleko.blog18.fc2.com/tb.php/3782-2f41dd77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Trackback

Powered by FC2. Designed by Double KO.