ふみぃ~.何だか虚しい・・・
もともとはLeopardに始めから搭載される予定だったのに,「失われた機能」といわれてきたものが遅ればせながらやって来たようです.

先ほどの記事でお伝えしたAirMacのアップデータによって,AirMac ExtremeにUSB接続されたドライブ“AirDisk”がTime Machineのバックアップボリュームとして利用できるようになったそうです.

少し前にリリースされた「AirMac ベースステーションアップデート 2008-001」では,AirMacユーティリティにAirDiskが表示されるものの実際にはバックアップドライブとして機能しませんでした.

しかし,Time Machine and AirPort Updates v1.0を適応することで,AirMacファームウェアを7.3.1にアップデートするためのプロンプトが表示され,このバージョンのファームウェアにアップデートすることで,AirDiskをTime Machineのバックアップ先に指定して実際にバックアップを取ることが出来た(つか,現在バックアップ中らしい)そうです.

AirMac Expressの方もAirDiskに対応してくれるともっと嬉しいんですけど,大きさ的に厳しいんですかねぇ.
ちなみに,Time CapsuleにUSB接続したAirDiskは少し前からTime Machineで利用可能です(関連記事).

(via:MacFixIt
Date:2008/03/20(Thu) 15:03:51
Apple | Edit | Comment:0 | Trackback:0
Comment
Posted Comment
Comment to This Entry
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
Trackback URL
http://doubleko.blog18.fc2.com/tb.php/3812-477e9966
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Trackback

Powered by FC2. Designed by Double KO.