ふみぃ~.何だか虚しい・・・
最近では一部の不具合を除いてほとんど不自由を感じることはないのですが,AppleはさらにLeopardに磨きをかけているようです.

今週になってMac OS X 10.5.3アップデータのテストが始まって,今回のメインテナンスとセキュリティアップデータには既に75個のバグフィックスとコード修正が行われているそうです.

新たにシードされたビルド番号はMac OS X 10.5.3 Build 9D10で,フォーカスエリアには20個以上のコアコンポーネントがリストされているそうです.
これに詳しい情報筋によれば評価するコンポーネントは以下の通り.

AddressBook, AppleScript, Audio, Back To My Mac, Dashboard, the Dock, DVD Player, Finder, Graphics, iCal, Mail, Portable Home Directories, Printing, Rosetta, Spaces, Spotlight, Time Machine, VoiceOver

上記の75個の修正は最初の外部向けビルドに組み込まれていて,Core AnimationとiCalの深刻なメモリリークにも対処してるみたいです.

他にもいろいろ修正点が書いてあって,このアップデータは4月か5月にリリースされるそうです.

(via:AppleInsider
Date:2008/03/29(Sat) 07:02:22
Macintosh | Edit | Comment:0 | Trackback:0
Comment
Posted Comment
Comment to This Entry
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
Trackback URL
http://doubleko.blog18.fc2.com/tb.php/3864-c8916640
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Trackback

Powered by FC2. Designed by Double KO.